井戸端監視カメラ



外-外。

c0189724_2044372.jpg
今朝も起きると山は真っ白。
という事で悩む事無く北へ。

雪だ雪だ~!と喜ぶのは、
雪が降る事の少ない京都に生まれたからか。


山奥の集落でオバチャンに聞かれました、
「このタイヤやったら滑らへんの?」と。

ええ、滑らないんですよ。

c0189724_20445616.jpg

そして滑らないっぷりを試したくて、
雪が降った事を喜び勇んで、
朝からこんな所に来ているのであります。


クランパスの29+タイヤって、
慣れるとあまり太いとは感じなくなって来まして、
「まぁこんなモンか」という程度になるのですが。

雪の上はやっぱ強いですな、圧倒的に。

元々このクランパスに興味が出たのは、
「これだけ外周が大きく太いタイヤであれば、渡河に強いのでは?」
という夏の山越えでのシーンを想定してだったりします。
で、丁度川もある事だし一丁渡ってみるか!と進水した所。
技術の未熟さから、見事水中に足をつき膝下まで浸水・・・。
c0189724_2045666.jpgc0189724_20451622.jpg


痛い~痛い~!冷たいを超えてビリビリ痛い~!


c0189724_20453429.jpg
足があるだけ有り難く思え、ってなモンで、
クランパスに移植する為に、
クランクを捥がれたロングテール1x1は、
未だクランクも無いという、
悲しい状態のまま放置。

c0189724_20455024.jpg
さてさて何か着けるに丁度良いクランクは~?

という事で取り出したのは、BMX用3ピースクランク。
デモリションのミディアルという軽量クランクで、
以前1x1がまだ短かった頃、着けていたモノ。


クランク自身は問題無かったのですが、
3ピースクランクをMTB対応のユーロBBで使うと、
どうしてもベアリングの耐久性に難が出るので、
やがて使用を諦め仕舞い込まれていたモノ。

それを再び使おうというのは「BBとの消耗戦を覚悟した」という訳では無く、
何とかしてくれそうな部品が今は有るから、という事。
c0189724_2046225.jpg
それは此方。
・Dartmoor Euro eX BB ¥6,300

そう、現在の主流である外椀BB、
正式にはアウトボードタイプBBって奴の、
3ピースクランク用なのであります。

3ピースクランクは、クランク自体は非常に頑丈なモノの、
元々はBB径の大きな「アメリカンBB」で使用する前提で作られているので、
MTBなどのBB径の小さな「ユーロBB」で使うと、
ベアリング体の収まる場所が狭くなってしまい、耐久性に難が出てしまうのは自明の理。
c0189724_20462249.jpgc0189724_2046351.jpg


その点、外椀BBタイプを採用すればベアリング径を大径化出来ますので、
シングルスピードでバカ踏みしても、それなりに耐えてくれるのではないか?と。
c0189724_20464847.jpg


と、そんなイカしたBBを装着し、めでたくシングルロングテール復活。
何か同色系のクセに色味がバラけてて、妙な仕上がりになっていますが、
こういう妙さこそが腐れ縁の象徴でありまして、自分だけには可愛かったりします。
by kaleidocycle | 2013-02-21 22:00 | 商品
<< プレジャー・プレッシャー。 改装回送嗚呼爽快。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧