井戸端監視カメラ



こんな時期に展示会。

c0189724_044361.jpg
回らぬ首を回す秘訣をお教え致しましょう・・・。
「患部を温める」lこの事に限りますですじゃ。

単純な温熱療法が功を奏したか、
「アホ程痛い」から「常識的レベルで痛い」へ、
健全化まっしぐらの空井戸サイクルです。


昨日は季節外れの展示会という事で、
大阪は堺市へ出向いたのですが。
展示会はどちらかというとオマケ。

c0189724_045689.jpg

一番の目的は、お世話になっている塗装屋さんで、
以前からウゴウゴしている「求める色」を調色する事。


自分のメロウ号に施したカラーロウフィニッシュに、
バリエーションを作ってみたい、という事で。

以前から何度も打ち合わせをし、
サンプルを塗って貰い、違うとダメだしをし、
また塗る、違う、塗る、違う、塗る・・・。

c0189724_0453930.jpg
キリないわ~いっ!

こんな事繰り返す位なら、
自ら現場に行った方が早いに決まってる。

で、丁度展示会もある事だし、
この機会に一気に仕上げてしまおう、と突撃。


完全に仕事の邪魔をしている状態でしたが、
お蔭様で納得の行く調色出来てホッコリ。

コレで空井戸オリジナルロウフィニッシュカラーの準備は完了。
ラインナップはボルドーネイビーディープパープルアンバーグリーンブラックの6色。
c0189724_046764.jpgc0189724_0462311.jpg


どれもこれもドキドキするくらいイカした色に仕上がりました。
弊店でフレームオーダー頂く際、色に悩む隙を与えない程に、と自画自賛。


あ~、仕事した~。
そんな気分に浸りながらファミレスでサラダバイキングにがっつき、
満腹満腹さぁ帰ろうか・・・と帰ってはいけない、展示会で見たい物もあるのだから。
c0189724_0464778.jpg
その見たい物が此方。
指につけるハートレートモニタ~!


ハートレートモニター=心拍計ですね。
思い込みを含めてザックリ言えば、
心拍計ってのは、車におけるタコメーター的存在。

自分の体が、今どの程度運動しているかを、
客観的に数字で見る事で、
「まだ行けるのか?抜いた方が良いのか?」
そんなコントロールの杖となる便利グッズ。

別に無くても何の不具合も無いんですけどね、チョッと気になるじゃないですか。
でもハートレートモニターはセンサーをベルトで胸部に固定する方式が多く、
正直・・・邪魔臭い。
手首に巻いて拾うタイプもあるけど、精度が下がる割には価格も結構するし。
c0189724_0471831.jpg

そんな風にモゴモゴしている所に、
出て来たのがこの「Pulse plius」

現物は画像で見るより全然小さいです、
チロルなんかよりもまだ小さい。
しかも価格が¥3,990!と、
冗談半分で買えてしまう驚きの低価格。

更に指に巻くだけですぐ使える簡単さとなると、もはや夢の商品です。
そんな真剣にトレーニングする訳じゃないけど、
ロングライドにおけるペース配分をもっと上手にコントロールしたい、
そんな人は興味が出て仕方ないのでは無いでしょうか?

入荷は2月末予定との事。
コイツァ・・・春からのロードシーズンを更に楽しくさせる最高の調味料となる気配あり。



あと、地味ですがコレも期待しているオウルアイの新作ライト「ハイブリッドラックス3」
c0189724_0481138.jpg
電池が要らない太陽電池1LEDライト「ナノ」
USB充電で電池代が掛からない上、
超軽量なのにアホほど明るい「ハイラックス30」
弊店定番である両ライトの間を埋めるのがコイツ。


ハイラックスほど明るくなくても良い、
けどナノでは前を照らせない。

バッテリーの持ちが良いとは言え、
USBで充電するのは、少々面倒。

このハイブリッドラックスはそんな声に対応すべく太陽電池&UBSのハイブリッド給電
一度USBで充電しておけば、あとは自転車につけておくだけ、
夜使った電力を、日中の日差しで勝手に補充電してくれるので、
恐らく・・・USBで充電する機会はほぼ無くなるんじゃないでしょうか?

また天気が悪くて充電できない、なのにバッテリーが切れそうな時には、
USBに繋げば2時間で満充電、45ルーメンの光を最大9時間享受出来てしまう。
c0189724_0474679.jpg
更に乾電池が要らない事で、
ナノ譲りの超コンパクトサイズに。
重量は驚きの28g

そんな美味しい話満載で、
価格も丁度良い¥3,570

さぁ!次世代ライトの主流となり得るか?ハイブリッドラックス3!

c0189724_0491657.jpg
と、そんなこんなな大阪行。
色々な事に気が紛れ、
首の痛みも忘れ・・・るとは言えないけれど。

明日位には、もう自転車に乗れそうな感じです。


やっぱ自転車は見たり語ったりするより、
乗り物ですから、乗るのが一番。

「乗れなくて、初めて分かる有り難さ」
って奴ですね、ホント。
by kaleidocycle | 2013-01-31 21:00 | 駄情報
<< 過色症重戦車。 虚仮の一念、首をも治す。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧