井戸端監視カメラ



大人のジャワカレー的肉猿。

昨日、ビビッてしまったモンキー29er
雪辱戦だ!とばかり、今朝は走りなれた家の裏山へ。
c0189724_19433612.jpg

此処なら地形も路面も、
端から端まで脳にインプット済み!
・・・とまでは言えぬけど。


まぁ肝となるポイント程度は、
一応分かっているつもりだし、
空も晴れて路面も良い感じだし。


昨日の感触を参考に、
少し足のセッティングも触り、
自分の好みに近付れたろうしで。


さぁ!行ったらんかーい!

c0189724_1944681.jpg
昨日、アホみたいな上り坂にトライし、
「上りは・・・まぁこんなモンか」
という程度に感じていましたが。

いやいやいやいや、コレは上りますわ
自転車置いて、一歩ひいて見たり、
ジオメトリ測ったりしてみるとその理由も納得。


数字の件は勝手に公表すると、
モンキーさんから怒られるやもしらんので、
此処では書きませんが、そのロジックは至って明快。

やはりウエット路面の岩の多い山を初めて乗る時の印象と、
ドライ路面の走り慣れたトレイルで乗る二回目とでは、全然印象が違いますな。

あと、このトレイルは「ドカーン!」と下る場所も無く、
シングルトラックが続くだけなのですが、そんな道を走ると・・・。
「自由自在」
チョッとしたギャップで、飛ぼうと思えば少ないアクションでトンと飛べる。
なのに安定感があるから「あ、そっち行きたい」と思えばすぐにラインを変えられる。

無茶苦茶面白い!「MTB遊びとはコレなんだ」とビリビリ来ます。



現状の基本的な29erの多くは「29erだから出来る事、29erでしか出来ない事」
そんな方向を向いて作られたモノである様に観じます。

しかしこのモンキー29erは、MTBの基本である26インチバイクの動き、
その動きを基本としながらも、29erホイルの走破性を被せる事で、
よりダイレクトなトレイルバイクという存在を狙ったモノであるのかな?等と。
c0189724_1945072.jpg

因みに身長177cm位の自分で、
こんな感じのサドル位置になります。

以前作られた26インチの、
台湾坊主も面白かったのですが、
自分と、そして自分の走るトレイルでは、
チョイとサイズが小さ過ぎて、
「なるほどなぁ~」という位でしたが。

この29は良いです、ホンマに良いです、いや欲しなりますわ。

極めてニュートラルなトレイルバイク像の具現であった26インチの台湾坊主に対し、
このモンキー29erは、かなりの癖者ではある様に感じます。
しかし、そのピリピリ辛いテイストが癖になると言うか何と言うか。


京都のトレイルで遊ぶ29erを考える人には、とてもとてもお勧めしたい!
けど・・・コレってあくまでプロトなんですよね・・・。

取り合えず今週末以降は貸し出しOKですので、
「大袈裟に言うなや、スカタン」と思われる方は、是非乗って確かめて頂きたい!
そして「ホンマや・・・こら欲しなるわ・・・」となったなら。
モンキーさんに「台湾坊主の29erバージョン作って~!」とラブコールを送るべし。


え~、そんなこんなで明日は定休日ですので、
自分は「肉猿と戯れよう・3日目」を堪能したいと思います。
by kaleidocycle | 2013-01-24 20:38 | 駄情報
<< V-Twin化計画。 スパイシー(香味猿)。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧