井戸端監視カメラ



基本のキ。

c0189724_15452368.jpg
昨日、人生初めてIKEAに行って参りました。

広い店内の隅から隅にまで、
目を輝かせる家内を尻目に、
愛らしい家具などに興味の無い自分は、
ただただ歩き、そしてぼんやり。


「店内を自転車で回れたらオモロイんやけど」
等と考えつつ京都に帰って来くると、
北山方面の山には、霞んだ雪雲が被っており。

c0189724_15453926.jpg
「山よ、どんな表情をしているのだ!」
と、今朝は少し早起きしてGo!マウンテン。

雪は・・・然程でも無いですな。
麓からは、もうちょっとありそうに見えたのですが。


まぁしかし、空はスカッと晴れ渡り、
快晴、快適、絶好調。

辿り着いた聖地は少々氷が張っておりました。

c0189724_15454691.jpg


c0189724_1548149.jpg

滅多に凍らぬ池が凍り、
足元には雪がチラホラする位ですから、
晴れとは言え、気温はそれなりに低い。

そんな中で自転車を乗り倒そう、となると、
問題になるのはやはり服装、特に下半身。


そんな今の時期の自分の下半身を護る、
基本のキは、此方のスパッツ。

c0189724_15482875.jpg


・CCP SP-TA01
 さらからホットスパッツ

 ¥11,550




パッと見は普通のスパッツ。
しかし流れる様に配列された、
シリコンプリントが「一癖」を物語る。

c0189724_15485783.jpg
東レの「さらからホット」という素材で出来た、
ゴムの如くストレッチする、
吸汗速乾保温素材スパッツ。

保温性豊かな肉厚さ加減ながら、
皮膚の様に密着しペダリングロスも最小限。

c0189724_15484212.jpg
表面はイルカの肌の様にスムース&グロッシー。

しかし肌に当たる裏面は起毛状態で、
この細かい起毛が運動でかいた汗を吸い上げ、
そして肌に「濡れている」と感じさせないポイント。


当然、起毛ですから暖かいに決まっており、
更に肌に湿気を感じさせない事で更に暖かく、
肉厚から来る防風性と相まって、
この時期の定番たる位置へ収まる訳です。

c0189724_15492121.jpg
こういったストレッチ性の強いスパッツは、
肌への追従性が優れている反面、
どうしても運動につられて、
元の寸法へ戻ろうという力が発生する。

つまり、だんだんズレて来る。
そして自転車漕ぐほどにケツが出る、とか。

しかしコイツは後腰部が長く設定されている上、
今回生産分から、ご覧の様なループが装備され、
気になる程ズッて来た際、クイっと引き上げられる。

c0189724_15493120.jpg

更にオマケが。

アナタのオマケをチョロンと出せる、
「前出し」がついているってのは、
この手のスパッツとしては珍しい。


「寒さでついつい尿意が近く・・・」
そんな時にチョッと嬉しいのでは、と。

「この時期、下半身は何を履けば良いのか?」と言うと、
基本的には冬用のパンツなど必要ありません。

このスパッツを下に履いて、その上から春・秋に履いている普通の短パンを履けば、
風による体温の低下を防ぎ、ペダリング効率を維持でき、
そして長ズボンの様に、チェーンリングに噛まれる事もない訳です。
c0189724_15515715.jpg

あとついでに。

今朝の自分はこんな格好でした。
上は昨年から生産上がりを心待ちにしていた、
京都ブランド「SYANAGO」のソフトシェル「HIEI」


突飛な所の無いベーシックなデザインながら、
細く絞られたアームホールが、
何気に洒落た外観を・・・とか細かい事は、
此方でご確認頂くとして。

c0189724_1552885.jpg
コイツは内にフリースを貼ったソフトシェル。

防風性が高くストレッチ性豊かなソフトシェルで、
内側にフリース張りとなると、
コレ一枚で保温性は非常に高いレベルを維持。

なので、今朝くらい(3~5℃)であれば、
ベースレイヤー一枚着た上から、
コイツを羽織る位で十分以上に暖かく、
また計2枚しか着ていないという結果的事実は、
運動時の快適性維持にとても効果的なのです。

まぁ「何もこんな寒い時期に走りに出んでも」という話ではありますが、
冬のキンッ!と冷えた空気と、真っ青な空の組み合わせは、
やはり他の時期には無い魅力ですから。
c0189724_15525652.jpg


元気があるなら色々工夫して飛び出すが吉。
by kaleidocycle | 2013-01-16 17:56 | 商品
<< みゃお。 マージナル。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧