井戸端監視カメラ



ラスト10日。

c0189724_18151955.jpg
年明けに控えた自宅の引越し段取りの為、
市内をウロウロしていたのですが、
通り掛かった所で落ち葉焚きを目撃。

葉も落ち切った事だし、さぁ燃やしてしまおうか、
そんな感じなのでしょうか。


そう、秋の日は遠くへ去り、年の瀬も押し迫る昨今。
カレンダーに目をやるとあと10日で年内の営業終了。

今年初の「よいお年を」という言葉も飛び出したし。

年が明けて、世間様のはずみ車が回りだす頃、
補陀落山荘オーナーは、雪に埋もれる山荘を後にし、
タイを起点とするインドシナ半島自転車独り旅に出る予定。
c0189724_18152431.jpg


そんな彼の為に練り上げていたマシーンも、ほぼほぼ完成と言える所まで来てます。
ベースはTHE海外渡航用兵器、Surlyの分割式フレーム「トラベラーズチェック」
梱包後の持ち運びや、飛行機に乗せる際のコストを抑えるべく、
フレームが中央から、前後二分割出来るコイツをチョイス。


タイから国境を越えミャンマー奥地へ向かう、
2ヶ月近い旅程を考えると、前後キャリア&パニアが欲しい所。
c0189724_1816257.jpg
しかし、機械に疎いにも程がある彼が、
輪行時にフロントキャリアを外し、
現地で完璧につける事が出来るのか?

そこを考慮した結果、キャリアはリアのみに。
使うは勿論、Tubusのカーゴに、
オルトリーブのバックローラークラシックと、
定番中の定番の危なげないチョイス。

キャリアに渡したゴム紐で、
テントとシュラフをくくりつけてGo。

c0189724_18161078.jpg
余裕の少なくなった積載容量を補完すべく、
トップチューブにはリペア関係を入れる為、
ジャンドのフレームパック

飲料水の確保が難しくなる局面を想定し、
メインボトルはナルゲン1.0ℓボトル

そしてSalsaのエニシングケージを取り付け、
時に脱いだ上着や余剰物、
時に2ℓペットボトルを乗せるマルチスペースに。

前三角はこれにて終了。

アスファルトが貼られた舗装ばかりではなく、ジャングルの中を行く未舗装路もある為、
ドロップで行くと、ひっくり返って失神して強制帰国となるやもしれない彼。
c0189724_18155436.jpg
なので、マルチポジションのタイテックHバー

そこに着脱式のオルトリーブのフロントバックで、
重量を分散しつつ、積載量を確保。

ステム上部にはリクセンカウルのマップホルダー
地図を入れても良いけど、ネクサス7を入れるという、
とても現代的な使い方を考えて居るそうな。


安全を考慮して、バックミラーもついてるでよ。

その他、タイヤは定番シュワルベマラソンの中でも、
未舗装の多さを考慮し、ダートパターンのマラソンクロスであるとか、
まぁなんじゃかんじゃと盛り込んで出来た一台。

あとは分割と梱包の仕方、そして現地での基本的なメンテの要点を、
彼に叩き込む必要があるのですが、出発までは残りジャスト3週間
「だ・・・大丈夫だろうか・・・」とやや心配ではありますが、
旅に際して心配など、してもしても切りが無いですから、まぁええでしょう。

それよりも、未だ見ぬ土地の、未だ見ぬルートを走る彼には、
その旅のレポートを頼んで有るので、それを楽しみにしましょう!
お土産はスーチーさんのNLDのバッヂと決まっているそうなので、それもまた。
c0189724_18161433.jpg
と、そんなこんなから話は一転。
昨日ご紹介した、空井戸xCCPのフリース。
お蔭様でMサイズが完売となりました。

尖ったシルエットの襟ですが、
この様にたくし込むと、
普通のハイネックみたいにも着れるであるとか、
サイドポケットの中にはストライプテープが、とか、
マスク調整用のスピンドルがあるとか、
自転車用なので当然後ろの丈が長いとか、
パターンの分割が結構細かいとか、
フロントはダブルジップであるとか。

昨日書き切れなかった程に魅力満載の一着です。
残るSとL、興味を持って頂けた方は是非店頭で現物を手にし、袖を通してみて下さい。

さぁそれではあと10日、巻き上げて参りまっしょう!
by kaleidocycle | 2012-12-17 19:31 | 駄情報
<< いずこ。 蛾。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧