井戸端監視カメラ



キッチリパニア。

先日、タイヤに草を詰められるという訳の分からん事態に遭遇し、
タイヤが昇天、そして不動と化していたパイク号。
c0189724_1715512.jpg

無事新タイヤが届いた事で本日復活。

「あって当たり前」と思っていた、
オールテレーン何でも来いマシーンが、
無い毎日というのは思いのほか辛かった・・・。


ま、5日間だけですけどね、
北方面では路面が凍結している所も現れ始めた、
そんな今はやっぱコイツでしょう!てなモンで。

c0189724_16285894.jpg


某尾根道は中々の積雪で、
ふんわりさくさく、愉快な塩梅。

しかし、これ以上積もると、
進むのも難しくなりそう。

だから!やはり!今走らねば!
と思わずには居れん訳です。


路面が見えんので、
時々「フンガっ!」てなりますが。

先日はトレールで財布を落としたモノの、見事回収出来た自分ですが、
この雪の中で財布を落としてしまうと・・・見つからんでしょうなぁ。

よし!という事で装着してみたのは、蓋がついてて中身が落ちないパニア。
って、パニアは普通蓋ついてますけど。
c0189724_16292765.jpg



取りあえず、ツヴァイのパニア「Zwei Office O20K」です。
横長形状ながら、斜めにセットされる事により、
ペダルを漕いだ際、踵とバッグが接触し難くい状態に。
c0189724_16301763.jpg

取り付け金具はリクセンカウル製で、
キャリアのパイプ径を問わず、
簡単&確実な固定が可能。


この金具自体が、
ボタン一つで取り外し可能ってのは、
中々に珍しい仕組みですな。

c0189724_16305036.jpg
「簡単に外せる」というのは、
「持ち運ぶ為に」という事なので、
ハンドルも勿論ついています。


このZweiはBD-1などでお馴染みの、
ライズ&ミューラー社(r&m)が企画したバッグであり、
商品名が「オフィス」である事からも分かる通り、
旅用パニア!と言うのではなく、
日常生活に即した内容のパニア、
というのが狙いであります。

c0189724_16302825.jpg
なので、キッチリ取り付け走行でき、
外せばキッチリかばんになる、
という内容が練りこまれている訳ですね。


勿論、その条件を叶えるパニアは、
他にも幾つかありますが、
コイツはもう一歩踏み込んでおり。

取り付け用金具サイドのファスナを引っ張ると、
ご覧の様に金具を隠す事が出来ます。

そしてバッグの両脇に隠されたハーネス用ジョイントに、ハーネスをカチンとはめると、
キッチリとしたショルダーバッグとして成立する、と。
c0189724_16311864.jpgc0189724_16312793.jpg


金具を隠すカバーは、金具が背に直接当たらない様にするだけでなく、
パニアについた汚れを背中につけてしまわない様に、という配慮でもあるのです。


c0189724_163206.jpg
サイクリングウェア前提では無く、
普段着やスーツを前提としている、
そんな内容が見えて来ましたね~。

外側に位置するメインコンパートメントは、
開けてみるとご覧の通り、
様々な小物が整理出来る、
ポケットが並んでいます。

c0189724_16322838.jpg
この整理整頓!な感じは、
やはりドイツ人民精神に基くのでしょうか?

その辺はよく分かりませんが、
ポケットの内は起毛になっており、
擦れ傷が入って欲しくないモノへの配慮も。

c0189724_1632454.jpg

整理されたメインに入れたくない、
そんな汚れ物や、ゴチャッとしたモノは、
一番外にあるポケットに。

容量が無さそうに見えますが、
2.0ℓペットボトルが2本、
スッポリ収めてまだ余る位。

c0189724_163331.jpg

更に、裏側にあたるファスナを開くと、
そこにはサブコンパートメントが。

此方はザックリ大物を入れるべく、
大きなポケットがメインとなるのですが、
中央側にラップトップPCケースを装備。

c0189724_16331822.jpg
ただポケットなだけでなく、
緩衝材もキッチリと装備しているので、
自転車の振動でHDをダメにする、
という悲惨な事態も防げる・・・かも。

内側はやはり起毛ですので、
i-padなどのタブレットを入れても、
画面が傷まないので良いのでは、と。

自分はそんなモン持ってないので、
よく分かりませんけど、まぁ。


と、そんなツヴァイのオフィス。
こうして書いてみると滅茶苦茶作り込まれている事がご理解頂ける事でしょう。
よく出来ているはずですよ、何せ定価¥21,000ですから。
c0189724_16333542.jpg


「ん~、良いのは分かるけど¥2万は手が届かんなぁ~」
という方も居られるでしょう、ええそうでしょう。
そこで!数量限定ですが!空井戸特価!

¥21,000が幾らになるのか?幾らになるのでしょう?
半額?馬鹿仰い、もっともっと!3分の1?ワハハハハ、甘いわ甘い!
ズバリ¥X,XXXでのご提案です!
後日記:完売致しました。

普通、¥2万のモノが¥XXになる訳が無いって事は誰でも分かるとは思います。
そう、此方の商品は問屋さんの協力による一発芸です。
なんでそんな事になるかというと・・・そう扱い終了、クローズアウトだから。

¥X,XXXというと、Basilとかの価格ですよ?
Basilがあかんとは言いませんけど、レベルが違い過ぎて比べられんでしょう。
c0189724_16335012.jpg

要らない人は要らないでOKですが、
必要な方は、この機会に是非にとお勧めします。


あと、これからの路面凍結シーズンは、
塩カルがガンガン撒かれていますので、
一発で自転車錆だらけになります。
帰ったらウガイ&手洗い&自転車洗い!

何もかもキッチリでお願い致しますです、はい。
by kaleidocycle | 2012-12-12 18:54 | セール
<< 新しいモノ、2点。 トラノコタイタニコ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧