井戸端監視カメラ



冬の決め手。

「冬しか使わないモノ」というのがあります。
コートやマフラーなんかもそうでしょうが、自分にとってはMTBのフェンダーもそれ。
c0189724_20453511.jpg
一度積もった雪は、冬の間中チビチビ溶け出し、
春までトレールに湿気を供給します。
故に、冬走りに行く=泥を跳ね上げる、
そして顔は泥でホクロだらけ状態に。

それに対する処置としてフェンダーが要る、と。


花背の山では早速積雪が、という情報を耳にし、
少々早めではありますが、今年もフェンダー装着。
そんな今朝。

c0189724_2045495.jpg
フェンダーが要るか要らぬかは人其々。

しかしコイツを欲しい人は多いのでは?
待っていた新製品が本日到着。

・45NRTH バラクラバ ¥4,930


対極寒ブランドとして立ち上がった45NRTH、
彼らにとっては基本中の基本なのかもしれない、
そんなバラクラバ=目だし帽であります。

c0189724_2046255.jpg

普通に被ると、THE強盗。
さぁ!金を出せ!ってなセリフは、
大体モゴモゴ言ってる訳ですが、
コイツなら比較的明瞭に発音出来るでしょう。


何故ならコイツはマスクの口部分はメッシュで、
寒い時期に口元が結露で濡れる事に対処済み。

また、鼻の下は穴が空いており、
鼻息をフンフンしても、結露し難い。

c0189724_20461993.jpg
しかし、走り始めや下りは良いとして、
上りでマスクは、時に暑いかもしれない。

OKOK、了解です。
コイツはマスクが別体になっているので、
マスクのみを下げる事が可能ですから、
マスクをスッと下げればホレこの通り。


サイクリングキャップ状のツバがついているので、
この状態なら耳・首・頭を覆って熱を逃がさない、
サイクリングキャップの亜種状態に。

c0189724_20463346.jpg
因みに自分は、何故かアゴが寒く感じるので、
この様にアゴまで被せる状態が好みです。

そんな己の写真を見て思う。
「ムスリムのヒジャブみたいだ・・・」


ヒジャブってのは、ブルカを含めた被り物で、
イスラム圏の女性が被ってるアレですね。

彼女達は、実は暖かい思いをしているんだ、
コイツを被ってそんな事を知る。

c0189724_20464170.jpg
比較的薄手の素材ではありますが、
肌触りの良いメリノウールの恩恵で、
一枚被るだけで圧倒的に暖かい&耳も痛くない


薄いのでヘルメットの下に被っても違和感無いし、
陽が上がって来て暑くなれば、
脱いでバックポケットに仕舞えば良い。

また汗をかいてもウールなので、
ベタベタし難くく、匂いも出難いし。

と、そんなこんななウール製サイクリングバラクラバ。
サンプルを見た瞬間オーダーし、現物を被った瞬間スペアまで欲しくなる。

きっと皆さんの中にも、同じ様に感じて頂ける方が居られる事でしょう。
さぁ!是非買って下さい!と言いたい所ですが。

入荷、即出て行ってしまい残り一枚、次回入荷は未定。
冬対策の決めの一手を必要とするなら、さぁさ急ぐべし!


そして明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2012-11-29 21:25 | 商品
<< 12月の営業予定。 トロイの木馬。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧