井戸端監視カメラ



THE小ネタ。

c0189724_20384861.jpg

在りし栄光の日々を駆け抜けた、
GTのチタニウムバイク「シャイザン」


いやぁ、過去の憧れで御座いますなぁ。
オーナーさんも思い入れは深い様で、
綺麗に乗られては居るのですが。

「ハンドル位置を上げたい」
とのオーダーに、さてどうしたモンか、と。

この時代のMTBは、想定されているサスペンションの長さが短く、
現代のサスペンションを入れると、どうしてもヘッド位置が上がってしまう。
見た目も変なら、ハンドリングも変、そんなのマズイですわなぁ・・・。

幸いにしてこのサスはクラウンのみ交換出来るので、
e-bayでコラム残の多いクラウンでも探すか~。
と言いたいけど、そこまでしてこの老体のサスを使う必要があるのだろうか?

などなど、オーナーさんと検討した結果「リジッドフォーク」に変更する事に。
c0189724_2039183.jpg

そして選んだフォークがコイツだ!

・テスタッチ CMT-C カーボンフォーク
 ¥26,775


最近多いストレートタイプは似合わないから、
スッと落ち着くベンド形状は有り難い。

肩下も420mmと程々に短いので、
収まりもまぁ良かろうて。

c0189724_203988.jpg
更に。

コイツの素晴らしい所は、
「リムブレーキ専用」という事。


そう、現代においてディスクブレーキ台座が無い、
そんなフォークは圧倒的少数派となり、
リム&ディスク兼用が多い事かと。

しかし、使うはずのないモノが着いていて良いか?
否!無い方が良いに決まっている!

c0189724_20391849.jpg
ポポポンとつけるとこんな感じ。

見た目もしっくり来ているし、
何よりオーナーの希望であった、
「ハンドル位置を上げる」という事も達成。


リムブレーキ専用ってのは、
クロモリフォークでさえチラホラなのに、
カーボンでもこんなのあるんですね~。

何か嬉しくなってしまいます。

時間の流れと共に、延命が難しくなる過去の憧れ達。
当時のパーツ構成で大事に残すのも良いですが、
実用を貫き通すのであれば、こんな選択があってくれる事は有り難い事ですな。
by kaleidocycle | 2012-11-27 21:03 | 駄情報
<< トロイの木馬。 秋の行楽。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧