井戸端監視カメラ



イン・ザ・ドリーム = 夢中。

「よく夢に出て来る景色」というのがあります。
自宅は坂の途中にあり、その坂を上り切って向こう側に越えると、
そこは川沿いのダートが続く、とそんな。

そのダートがアラスカちっくでエライ事になっているのですが、
ダートそのものよりも、「目的があって上る坂道」は全く辛く無い、
その事の感覚が何とも言えず、目が覚めた後もボンヤリしてしまうのです。
c0189724_1895475.jpg
現実にはそんなルートなど、
存在する訳も無いのですが、
行く度に「夢に似ているな」
と思う場所があります。

京都有数の激坂「前ヶ畑」を越え、
百井の集落を抜けた向こうにある、
「大見集落」がそれ。

c0189724_1893240.jpg
ほぼ行き止まりの道の為、車も人も自転車も、
殆ど目にする事はありません。

「ノルウェーの森」のモデルになったと言われる、
山の中の修道院の脇を通り、
人気の無い山道をユルユル行くのですが、
このアップダウンの微妙さ加減が夢心地に誘う。


そもそも現代の京都で、人が住む集落に繋がる、
唯一の道に未舗装路区間があるってのは、
非現実的な感じムンムンです。

c0189724_18101958.jpg
「そんなに良い所なら写真でも見せろよ!」
という話ではありますが。

景色が良いと言うより雰囲気なんですね。


山道を抜けた奥に日当たりの良い拓けた場所があり、
人が静かに、実に静かに住んでいる、
その事の醸す雰囲気は実に素晴らしい。

京都市内から30km程度しか離れていないのに。

c0189724_1895512.jpg
鞍馬まで下りて来ると、
団体客様いらっしゃい状態。

秋の観光シーズンが始まりましたからね。


それはそれで別に良いのですが、
秋の気持ち良い気候の下、
純粋に山の色を愛でたいと思うなら。

秋の大見に浸ってみる事をお勧めしたい訳です。
by kaleidocycle | 2012-11-19 18:38 | 無駄
<< ぐにゃら。 小休止号。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧