井戸端監視カメラ



耳なし芳一。

昨日は家内のスポーツ車デビューの日。
「遠くへ行きたい!シューンと行きたい!」という希望をかなえてはみたいモノの、
最初からあまりハードだと嫌になるだろうから、緩い丘陵地帯をグルッと一回り。
c0189724_1510528.jpg
700cなど乗った事も無い家内。

だ・・大丈夫か?
と心配する自分を他所に、スイスイ乗りこなし、
平地の長いクルージングでは、
「スピードがドンドン出る~!気持ち良い~!」
と、満足げ。


暫くの間は、道も分からんだろうし心配だしで、
自分と一緒に走る事になると思いますが、
何か・・・サイクリングに目覚めてくれる予感が。

こういった「初めてのスポーツ車」というのは、非常に難しいジレンマを抱えております。

「面白いと感じるか分からないから、まずは安いのを買って、
 面白いと感じたらステップアップする。」

という意見がよくあるのですが。
そもそも車両の走行感が「圧倒的に気持ち良い」と感じるレベルでなくては、
「何や、こんなモンか・・・」と面白くなくなり、乗り続ける事にならない事もあるし。

かと言って、いきなりそこそこ高級なモノを買って、乗らなくなっても勿体無いしで。
まぁそこに正解(≒答への最短距離)などあれば苦労しないのですが、
少なくとも家内にとってはエスケープAir-LTD、正解っぽい様で一安心。



で、楽しく乗って貰えれば有り難いのですが、これからの季節は、
「指先痛い、耳が痛い」と寒さとの戦いが始まりますので、
寒さに邪魔される事が無い様、装備で対抗せねばならんです。

そんな悩みは、自転車暦が長かろうが短かろうが皆同じ。
さぁ、耳が痛い方、こんなのが来ましたよ。
c0189724_1511129.jpg


c0189724_15114586.jpg
CCPのつば付きヘアバンド、
通称「フジツボ」の新バージョンです。

・CCP バーナクルキャップ ¥6,300


熱気と髪を上に逃がしながらも、
耳まで覆える、深めのヘアバンド。

今年は素材をウールに変えての再登板。
ウール独特のムラっ気が良い感じです。

c0189724_15114180.jpg

被るとこんな感じで、前半分だけ見ると、
サイクリングキャップっぽいのはツバの効果。

被りが深いので、下げれば耳まで覆いますし、
耳を覆いたくない時は、後ろを織り込む、と。


走りに行く時にネックウォーマー代わりに巻いて、
ヘルメットを脱いだら、コイツで髪を纏める、
なんて使い方をすれば、髪の長い人には便利。

c0189724_15121667.jpg

山の向こうはもうスッカリ紅葉が進んでおり、
正に秋真っ盛りの今。

今の雨が上がれば、更に紅葉は進むでしょう。


耳が痛いから走りに行かない、
なんて事言わずに、
秋の行楽に適した装備で、
雪が降るまでの間、シュッシュ漕ぎましょうぞ。
by kaleidocycle | 2012-11-11 17:57 | 商品
<< イタチ・インスパイア・ザ・ネクスト。 ドキ土器ドキ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧