井戸端監視カメラ



末端への優しさ。

c0189724_19543646.jpg
朝走っていて。

「何か指先が冷たいなぁ~?」と思ったら。

グローブの指先に穴が空いておりました・・・。



気温も本格的に下がり始めた昨今、
こんなベンチレーション、要らんっつの。

c0189724_19551831.jpg
はい、という訳で本日は、
体の末端を優しくカバーする色々をご案内。


まずは去年も好評だった、
・シールスキンズ ウルトラグリップグローブ
 ¥5,400


シールスキンズと言えば完全防水の、
いやホントにバケツに突っ込んでも大丈夫な程の、
完全防水靴下などで有名ですが、
此方はそのグローブバージョン。

c0189724_19552866.jpg
パッと見は黒いモコモコの軍手ですが、
手の平には「ウルトラグリップ」の名の通り、
シリコンプリントが並んでおり、
正にウルトラグリップ!
・・・かどうかは知りませんが、
ハンドルを握るのに快適な程度にはグリップ。

c0189724_19554050.jpg
素材を見て行くと、
外側は擦れに強いコーデュラナイロン
内側は暖かく蒸れも少ないメリノウールで、
手触り&装着感やよし!

その内外の素材の間には、
クシャクシャの皺々に加工された、
透湿防水フィルムが挟み込まれており、
このフィルムが完全防水を成している、と。

独自のフィルム成型技術からか、
未だにイギリス製、Made in UKです。

そんなこのグローブ、防水というメリットもさる事ながら、
フィルムとウール素材の恩恵から、純粋に暖かいグローブでもあり、
自分も日常の通勤などで使っております。

地味で暖かい高品質グローブをお探しの方には、個人的に是非をお勧めしたい。



指先は温まった、次はつま先だ!
c0189724_19571777.jpg
という事でトゥーカバー。

・クラフト トゥーカバー ¥1,500


シューズ剥き出し以上、シューカバー未満、
そんなネプレン製のトゥーカバー。

c0189724_19565792.jpg
夏には通気性が嬉しいシューズも、
寒い時期には、ただの寒い靴に成り下がる。

ウインターシューズを買えば良いのだけど、
わざわざ買うほど余裕も無い。

ならばならばのトゥーカバー。


風を止めてつま先を暖かく保つのは勿論、
ネオプレン製なので、雨も程々に防げたり。

c0189724_19574735.jpg
裏側にはこの様に穴が空いており、
2穴クリート、3穴クリートどちらでも対応。

「これで歩いて破れたりしないの?」
・・・破れるに決まっているじゃないか!
つま先暖かく、そして歩ける事を望むのであれば、
是非ウインターシューズを買うべし。


まぁしかし、破れる破れると思って使えば、
意外と破れなかったりしますし、
そもそも¥1,500で暖かいならアリなんじゃないかと。




「冷え性なんで、まだ寒い・・・」
c0189724_1958277.jpg
ならばコイツだ!
・ディフィート ウーリーブギーソックス
 ¥2,100


弊店に置いている唯一の靴下にして、
自分の足の永遠の恋人、
ディフィートのウールソックス。

その快適性と丈夫さは、一度使った人なら、
他社製品とは次元が違うって事、
よくよくご存知であろうと思いますが。

c0189724_19584795.jpg
このウーリーブギーは、
スタンダード仕様のウールソックスに比べ、
厚みを増したヘビィーデューティーバージョン。

並べてみると、その違いは一目瞭然。


また丈も長めになっており、
寒い時期に履くであろうミッドカットの靴とも相性よし。

さぁウールソックスの世界へいらっしゃい。
二度と綿やポリのソックスには戻れませんぞ。




「指先、つま先が寒くなくなったら・・・膝が寒い」
c0189724_19584282.jpg
なに~!わがまま言うんじゃない!
と言いたい所をぐっと呑み込み差し出すのが。

・ディフィート ウールニーカーズ
 ¥4,200
  → 完売!


パッケージを見れば分るとおり、
膝を覆う、膝カバーですね。

探してる人、多いんじゃないでしょうか?
此処にありますぞ!って一個だけですが。

c0189724_20503183.jpg

厚手のウール素材で、防寒性が高く、
また風の当たらない膝の裏側部分は、
薄手のウール素材とする事で、
ペダリングの妨げを最小限に留めてくれます。



そんなニーカーズ、定番のコーデュラ仕様は、
今でも普通に手に入るのですが、
ウールバージョンが・・・手に入らないんですね~。

メーカーが生産を止めたのか、代理店さんが扱いを止めたのか、
どちらかは分りませんが、何れにしろモノが無い&入荷予定も無い。

興味の無い人は、全然無視で良いと思うのですが、
探して探して困っている、そんな人の手元に届けば幸いであります。


以上、本日はここまで!
by kaleidocycle | 2012-11-08 20:57 | 商品
<< ドキ土器ドキ。 変態。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧