井戸端監視カメラ



だからHobo。

c0189724_18264373.jpg
「Climb to the sun」
=太陽まで駆け上がれ!

そんな素敵な名前のヒルクライムイベントが、
何処か異国であったと思いますが。


今朝も独りクライム・トウ・ザ・サン状態。

て、こんな勾配は一瞬だけ、
だから楽しく上れるんです・・・。

c0189724_18265872.jpg
楽しくエッホエッホとマイペースで上っていると、
その歩みを遮るモノが!

道路工事です。

ご苦労様です!
路面を綺麗にして頂いて、実に有り難い!


しかし、規制で待ち時間10分は・・・辛い。

c0189724_18271892.jpg
警備員のオッチャンのGoサインで、
再度走り出したは良いけれど。

路面はハツられ、未舗装状態。

あらヨッと、ハッとな!

綺麗な舗装路を走るだけなら、
23cの薄々タイヤは快適至極ですが、
突如現れたこんな路面では、
どうしても慎重さを要しますな。

c0189724_18272937.jpg
そう、本当に。
綺麗な舗装路を走るだけなら。

しかし、綺麗な舗装路だけではなく、
時に横道に逸れる自由というモノを、
もし望むのであれば「普通のロード」では、
少しニーズに合致していないと言えるかも。

「それならクロスバイクで良いじゃない」
と言えれば良いけど、
やっぱりロードの踏み感が欲しい。

そんな微妙過ぎる我侭を持った人へ向けた一台が、
EBSのネオスポルティフ「Hobo」な訳です。
c0189724_18275221.jpg



やっと店頭展示車が仕上がりました、これでMサイズ(トップ535mm)。
ザックリとしたイメージでは身長170cm台前半の人が対象かと。
c0189724_1828138.jpg
ブレーキ位置をギリギリまで煮詰める事で、
ショートアーチブレーキでも、
シュー下端でジャストな位置にフィッティング可能。

その恩恵はタイヤクリアランスの余裕となり、
例えばこの、25cと言えない程に太い、
IRCロードライト25cを履かせても、
クリアランスはご覧の通り、余裕余裕~。

32c位でも履けるけど、
25c~28cのタイヤに本所のフェンダー、
そんなのもええですな。

c0189724_18285152.jpg

エンドにはコソっとアイレットもあり。

コレをフェンダーダボとして使うもよし、
キャリアダボとして使うもよし。

c0189724_18282771.jpg
と、太目のタイヤを履かせて~。
軽いギアをくるくる回して峠を制覇し!
路面の荒れた廃道や田舎道のクルージングも、
体への衝撃を和らげ楽々ライド!

そんな感じですな。


ただこのHobo。
ジオメトリ的にはバッチリロードなので、
23cを履かせれば真っ当なスチールロード。

この一台で二度美味しい感じが良いのでは、と。

c0189724_18293559.jpg
先だけチョコっとベントさせた、
リアバックの慎ましやかな仕上がり。

そこに日東のMod.55ハンドル、
それ等の織り成すスタイリングは、
充分に「趣味性」を語れる世界では?

c0189724_18295240.jpgただ昔のスタイルを追う、
それだけなら、本当に旧い車両が良い。

しかしそうでは無く、
昔のスタイルの中に有った美点を、
現代の中でどう抽出し昇華出来るか?

そんなのも面白いんじゃないかなぁ、
と言う提案がこのHobo。
完組みホイルや105のクランクも、パシっとはまってますやろ?
c0189724_18292445.jpg
と、そんなこんななHoboの、
店頭展示車両。

105のWレバー駆動、ポジション周りは日東、
色は限り無く黒に近いブラウンと、
落ち着いたシルバーメタリックの2トン、
他はなんじゃかんじゃとええ様にして、
サンプル価格¥210,000也。


フレーム&フォーク¥118,000(単色塗装込)で、
オーダー承ります、ってのが基本になります。

c0189724_2022318.jpg
Hoboを生み出すEBSの生産予定も、
年内の予定がほぼ埋まりつつありますので、
年内納品となると、そろそろ締め切りですね。


今晩は鞍馬の火祭り
車で行くと大渋滞、電車で行くと超満員、
だから自転車で行くのが良い訳ですが。

あっちこっちへ、方々へ行く時、
こんなHoboがお供なら・・・良いと思いませんか?
by kaleidocycle | 2012-10-22 20:26 | 商品
<< THE中古車情報。 イモホリズム。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧