井戸端監視カメラ



イモホリズム。

c0189724_1902532.jpg

好天に恵まれた昨日の土曜。

花背カワイズム農園にて、
秋の大芋掘り大会開催。


芋を掘るはずなのに・・・ロケットが!
等と言う訳も無く。

芋を目指してDigDigDigです。

c0189724_191611.jpg

アホみたいに伸びた蔓を曳き、
その下に隠れる芋を求めて、
軍手で武装した自らの手で掘る。


サイクリングウェアで芋掘り、
このミスマッチ感が素晴らしい。

c0189724_1921096.jpg

土の中に突っ込んだ我が手のセンサーが、
芋を感知する。

「敵は近い!」と。


まぁ所詮、相手は芋ですから、
スポスポスポっと抜け出て参ります。

c0189724_1923614.jpg

されど芋掘りなど小学校以来。

雄叫びをあげながら、芋をフン掴む。
とったどーー!


植えられ育った芋を、抜いただけ。
されど、感じるカタルシス。

c0189724_1933366.jpg


泥を水で洗い流せば、
そこには見紛う事無きサツマイモが。


ん~、ええ!
あとはコイツを薪ストーブにぶち込んで、
ホクッと焼き上げるのみ。

c0189724_1935467.jpg
アルミホイルで芋を包み、
それを薪ストーブに放り込んだら、
あとは・・・。

薪ストーブの放射熱を受け、
まどろみながら焼け上がるのを待つ。

c0189724_194670.jpg
途中、山で拾い集めた栗などを焼き、
チョコチョコ喰いながら待つ事小一時間。


うむ、これぞ正に焼き芋!


因みに自分は焼き芋にバターが普通なのですが、
「サツマイモにバター?それは変やろ~」
という人も居ました。
世間では普通では無いのでしょうか・・・?

c0189724_1942624.jpg

秋の日はつるべ落とし。


芋で腹が満ち足りた頃には、
気温も太陽もすっかり下がり。

薪ストーブは部屋の中の小さな太陽に。

c0189724_1943383.jpg

夕方5時にはもう寒い。
朝は朝とて、9時までは寒い。

一日の内、乗れる時間はドンドン短くなります。
夏の暑さから、やっと逃れたと思ったら、
今度は寒さとの折衝が始まりました。


やがて理由が無ければ外に出ない、
そんな気候がやって来るでしょう。

家を一歩出る為の理由なんて、芋掘りでも何でも良いんです。
一歩目さえ出てしまえば、多少の寒さなんてホントに無かった事になりますから。

1ヶ月後、2ヵ月後にハートが折れそうな人は・・・、
とにかく今の気候を楽しむ事に邁進されたし。
by kaleidocycle | 2012-10-21 20:09 | 無駄
<< だからHobo。 メインテナンス。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧