井戸端監視カメラ



2012年秋のセール 四発目。

c0189724_1752199.jpg
ドッタンバッタン一人相撲、そんな先週。

ご連絡が遅くなりましたが、
EBSのスタッガートミニベロ「リーフ」の、
店頭展示分が塗装完了し、
久しぶりに、実に久しぶりに店頭に。

予価¥15万で来週中の組み上げ予定。

ステップスルーで跨ぎ易く、センタースタンドも装着可能な上、
ハマックスのチャイルドシートもキッチリ取り付け可能。 
なのに趣味性も満載な国産ミニベロ・リーフ、貴方と貴方のご家庭に是非。


と、車両は増えるが店は非常に狭い、そんな弊店。
在庫でギチギチにしても仕方ないし、作ったモノはおいしい内に届けたい。
と言う事で引き続きセールのご案内です。
c0189724_17522022.jpg


c0189724_17523230.jpg
今回は「これぞクロモリトレールバイク!」
On*Oneの456、京都の山仕様です。

オンワンはイギリスのブランドで、
MTB好きな人ならご存知だと思いますが、
日本には代理店が無い為、
一般的にはあまりメジャーでないかもしれません。

しかし特徴的なウィッシュボーンバックや、
彼等なりの好き嫌いを大きく反映させた、
独自のジオメトリは、ある種の定番であったり。

c0189724_17525421.jpg
そんな456ジオメトリのフレームを、
SLXコンポの1x9でセットアップ。

足元は勢いを増す質実ブランド「サンツアー」の、
5インチエアサス「エピコン」の15mmスルー仕様で、
軽量&高剛性という、当然過ぎる要求をクリア。


リムもSunのイコライザー
タイヤは自分の愛用品でもある、
IRCのミブロ&ミトスXCと手抜きは無し。

c0189724_1753476.jpg
トップチューブ長めのフレームに、
短めステムで懐を広く取りながらも、
急な下り時の余裕を確保。

ハンドルはSalsaのBend2Bar。
ステムはKCNCフライライド、
ヘッドはタンゲのラブハニーと、
使える定番パーツをバランス良く配置。

と、ここまでやって今まで¥20万でご案内して来ました。
それでもかなり安いと思うのですが、今回セールという事で思い切って。
・On*One 456空井戸仕様 16インチ 完売!

「京都の山を走る為のクロモリトレールバイクとは?」
という非常によく聞かれる質問への答えとして製作してみた一台。
山を走る事無く、店頭で陽に焼けて行くのは忍びないので、
何方様かコイツに土埃をつけてやって下さいませ。



c0189724_17532666.jpg
ウェアの方もまだ引き出しあります。

コレからの時期も走る人への、
定番ジャージとして此方を。

・CCP さらからホットジャージ
¥18,900 → 完売!

在庫数=完売!





c0189724_1753358.jpgイルカの様に鈍く光る黒いジャージ。

見た通りのフルジップのロングスリーブで、
特に何、という事は無さそうですが。

バックポケットがついております。
しかもスタンダードな3ポケットに加え、
ファスナ付きの小物入れもオマケで一つ。

これは、アウターを着るベースとしては勿論、
コレ一枚で走る際の使い勝手を考えている、
という事ですね~。

c0189724_17534594.jpg
この一枚が使えるポイントは生地にあります。

サラカラホットという東レの素材なのですが、
裏起毛で厚みも有り非常に保温性が高く、
汗をかいた後も表面に残らないので、
汗を感じ難い、と。


吸汗速乾は当然として、
ゴムの様に自由にストレッチしますので、
着る事によるストレスが非常に少ない。

欲しいけれど価格で二の足を踏んでいた、そんな方はこの機会に是非!(ってもSだけですけど)



「朝晩は寒い、けど日中はTシャツ」そんな今あると便利なのが。
c0189724_17541498.jpg

・CCP JK-V011
 ナイロンフリースジャケット


¥26,250 → セール終了!

在庫数=茶 M/Lx各1
      紫 Lx1


c0189724_17545755.jpg
タイトでライダースチックなナイロンジャケットです。

首元が高めなので、ファスナを上げると、
寒い夜風もバッチリシャットアウト、
そして暑ければ、ファスナを下ろしてクールダウン。


首元は人が暑さ寒さを感じるキーポイント、
なので、この首元の高さは実用的であると同時に、
タイトなシルエットと合わせて、
独特な外観を作り出しています。

c0189724_17544337.jpg
そのタイトさを生かせるのも、
表のナイロンが防風を、
裏のフリースが保温をしてくれるから。

Tシャツの上から羽織るだけで温っくぬく、
なので下はTシャツ一枚で充分、
だからシルエットはタイトに収まる、と。


アウターなのに丸洗い出来るのも便利。
丸洗い出来るという事は?
汗をかくまで漕いでも良いって事。

c0189724_17542918.jpg
タイトである事、ベンチレーションがある事、
また袖が長く、先が曲がっている為、
袖からの風の入り込みが少ない事などなど。

自転車に乗る前提での作りになっている訳ですが、
極めつけはやはり「バックポケット」

バックポケットが無ければいけない、
なんて事がある訳も無いのですが、
一度バックポケットの便利さに慣れてしまうと、
「何でバックポケット無いの?」となりますしね
c0189724_17551453.jpg

フードの中もフリース張りなので、
被れば上半身パーフェクトぬくぬく。


首の後ろに穴が開いているので、
少し風を流してベンチレーションしても良いし、
スピンドルを絞ってもよし、と。

髪の毛の長くて、普通のフードは被り難い、
そんな人は、毛を括ってこの穴からペロンとな。

そんな一枚、寒がりな貴方に。


本日は以上、そして明日は定休日です。
by kaleidocycle | 2012-10-09 20:24 | セール
<< 盛り沢山の秋。 大人ブリッコ in 秋。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧