井戸端監視カメラ



大人ブリッコ in 秋。

c0189724_23233624.jpg

あと数分で連休も終了。


町内の体育会をこそっとパスし、
自転車跨り山を走っていると、
遠く山の向こうから体育祭の賑わいが、
風に乗って微かに聞こえて来る。

そんな秋の空気で御座いましたな。

c0189724_23234677.jpg

なのに自分はと言うと、
組み替えたばかりの欣求号が何かおかしい。


パカパカとバラしてチェックして行くと、
ホイルのフリーが傷んでおるではないか・・・。


この最高の気候の中、殺生なり~!

しかし!捨てる神在らば拾う神あり!

と言うか、別々の時期に製作を開始したロードフレームが、
何故か2台ともほぼ同じ時期に仕上がって来てしまい、
レストランで肉料理魚料理を同時に出された様な、
何と言うか・・・勿体無い感を感じていたのですが、
肉料理の焼け具合がレア過ぎたので、焼き直して貰う事になったので、
魚料理があってくれて良かったと、幸せに思う様な感じの・・・。
何のこっちゃ。

まぁとりあえず欣求という肉料理が喰えぬこのタイミングで、
魚料理たる「Hobo」が塗り上がって来たと言うこの幸い!
c0189724_23235711.jpg


わぁ~!上がって来たど~!
自分のよりも後に製作した、お客さんの分の方が先に仕上がってしまいましたが、
やっと、正式に、「コイツがHoboであります」とお伝えする日が来ました。
c0189724_23241663.jpg

しかも今回は塗装がスペシャル、
漆問屋の若旦那のご好意で。




c0189724_23242760.jpg







c0189724_23245558.jpg






漆の焼付け塗装という、The日本な仕上がり。
漆って金属に塗れるんですねぇ、
正直、考えた事も無かった・・・。

c0189724_23254790.jpg

そんな訳で、今朝も軽く一丁テストライド。


Hoboはロードと言えばロードです。
ジオメトリ的には非常に真っ当なロード。
なので、ハンドリングはニュートラル、
ダンシングで振った感じもニュートラル。


非常に普通なクロモリのロードです。


c0189724_23265179.jpg
しかし、そこに太いタイヤが履ける、
という要素を加える事で、
その存在は普通のロードという枠から、
少~しはみ出して来る。

自分のHoboには28cを履かせております。
なので、23cの様な軽快な動きは見せません。


その差の分、スプロケをロー27tと、
軽いモノを選ぶ事で、体力的負担を埋める、と。

c0189724_23277100.jpg
すると、体力的負担は埋まりますが、
速度自体は当然低下する訳ですが。

それが嫌かと言うと?
嫌でもない。


と言うよりも、速度の低下を生む事が、
周りの風景や、漕ぐ感触を楽しむ余裕となり、
そこに28cの乗り心地が重なると・・・、
素晴らしい。

c0189724_23272297.jpg


休憩などする必要を感じない程、ずっと乗って居られる事のありがたみ。
しかし、己の車両を眺めたいが為に、敢えて休憩してしまう程の立ち姿。
c0189724_23274364.jpg

更に、道路の上だけでなく未舗装路も、
ユルユルなら普通に走れるという自由さ。


ロード一気に2台も出来てしまってどうすんの?
と、自分でも思わん事も無いのですが。

実際に乗り比べると、当然全くの別物で、
Hoboは、世間一般で言う所のロードでは無く、
本当の意味で、言葉通りの「ロードバイク」、
と言って良いのか分かりませんが、まぁそんな。

しかも、23cを履けば完全に普通のロードにもなれるというこの美味しい所取り。
「ガキみたいだね」と言われるのも嫌だけど、「ジジイみたいだね」と言われるのもまた。
そんな大人スポーティーなHobo、手前味噌ですがコイツは良いと言い切ってみます。



c0189724_232884.jpg
ついでに、大人的グッズを幾つか。


最近、朝晩は結構冷える様になって来ました。
で、何着て走りに出るか?悩みますよね。

ロングスリーブ出すか?でも暑くなったら嫌だし。


ならばアームウォーマーじゃないでしょうか?

c0189724_23281813.jpg
アームウォーマーなら、寒ければ着ければ良いし、
暑ければ外してバックポケットにポン、と。

で、試してみたいとなったなら、
ディフィートのアームウォーマーがお勧め。

・ディフィート ウールアームウォーマー ¥4,200


靴下でお馴染みディフィートから、
ウール仕様のアームウォーマーが登場です。

c0189724_23283179.jpg
ウールベースなので、ポリ系の製品よりも、
遥かに保温性が高いだけでなく、
立体的な編み物ですので、
汗を吸った分の蒸散も優れており、
「普通にしていれば暖かく、
 汗をかけば涼しくなる」

という能力はさすがウールってなモンです。

また肌触りが良いという事に加え、
長さが結構長めなので腋近くまでフォローでき、
ズレ落ちてくる心配も無い、という美味しい話。

色も地味&使い易いチャコールグレーですし、
コレは大人にお勧めしたい、と使用者である自分はお勧めなのです。


c0189724_23284454.jpg

あと大人と言えば「カスク」


帽子以上、ヘルメット以下、そんな存在のカスク。
重量が軽く、装着感が少ないのと、
風通しが良い事から、ツーリングには定番ですが。

ガッツリ走る!というのでは無く、
ざぁーっとサイクリングをするというなら、
非常に快適な装備であると言えます。

c0189724_23285676.jpg
で、現在カスクといえば、
リンプロジェクトのカスクが定番。
そんなリンプロのカスクに、
グレーxブラックという、限定の新色が登場。

・リンプロジェクト レザーカスク
 ¥12,600



色々な色がラインナップにあるものの、
実際被ってみると・・・黒一択だったり。

しかし、このグレー&ブラックであれば、基本的には黒の印象を残しながら、
チョコットだけ洒落た感じが出せるかな、と思ったり思わなんだり。

以上3点、Hobo・アームウォーマー・カスク。
この3点と秋の気候ってのを重ねて妄想したなら・・・。
気付けばきっと行き先を考えている自分が居る事でしょう。

少なくとも自分は、明日何処へ行こうか、それを考えながらコレを書いていますぜ。
by kaleidocycle | 2012-10-08 23:59 | 商品
<< 2012年秋のセール 四発目。 カブと無視。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧