井戸端監視カメラ



2013展示会 2発目(砂上編)。

昨日に引き続き、Giant2013モデル展示会のお話。
c0189724_1726724.jpg

そろそろシーズンインのシクロクロス。

ラインナップ中、セカンドグレードとなるTCX1の、
ブレーキを見ると・・・TRPのCX9!


ベルギーへシクロ修行に行っていた若武者が、
「シクロでのVブレーキ使用率が上がっている」
と話しておりましたが、その波は既に完成車にも。

TRPと言えば、STI用油圧コンバーターの「パラボックス」が出ましたからね、
レース会場で一度くらいはお目にかかる機会があるかも。


「レース会場でお目にかかるかも」
って、レース観に行く予定など無い自分は、お目にかかる機会もなさそうですが。
c0189724_17263250.jpg
此方もレース会場位でしか見る機会の無さそうな。
・XTC Advanced SL 29er

クロカンハードテールのXTC-Advancedは、
フレーム一新と共に29インチのみへと。


容赦無しのレーシング!となったXTCアドバンスド。
重量8,8kgとレーシングなら、
価格も¥70万とOh!レーシング・・・。

軽量化のあまりシートクランプも無くなっちゃった。

c0189724_17264536.jpg
んな訳も無く。

内臓式の「インターナルシートクランプ」という事で、
トップチューブの下にボルトがあり、
コレを締めると臼がシートポストを抑えつける、と。

ん~・・・レーシング!


まぁレーシングだけあって、
上げ下げするには完全に不向きでしょうから、
凡夫には無縁でございますな。



c0189724_17274696.jpg
テクは無いけど、速く!快適に!
ドンドン行きた~い!

そんな人には完全兵器、
29erオ~ルマウンテ~ン!

まぁ何もかもが29er化しておりますが中でも注目すべきは「Trance X 29er」
「ロボットみたいでチョイと愛せない気が・・・」
そんな甘っちょろい事を言う人には向きませんが、
ラブレスな快楽主義者には、直球な答として良い一台。
c0189724_1728461.jpg

c0189724_1729457.jpg
同じロボットならコレが欲しい!
そんなリゲインカラーの「Reign2」
良い色だぁ~。

間違い無いパッケージングの、
6インチオールマウンテンのレイン。
正に「ノースショアのカローラ」
いや、ホント良い意味でカローラ。
¥23万でコレが買えるとは・・・。


c0189724_17303747.jpg
でも6インチはチョッとやり過ぎか、
そんな風に思わん事も無い。

ならば。
日本のトレイルに一番適しているであろう、
5インチオールマウンテン「Trance X」

まぁ一番正しい解答でしょうな、うん。

c0189724_173196.jpg
そんなこんななGiantの今。

自転車界におけるトヨタ的存在のGiantは、
言うならば現在のマスプロメーカーの基準であり、
「そうか、世間はこうなのか・・・」
とええ勉強をさせて頂きました。

来年はどうなるのか?再来年は?

とか言う前に。
大阪環状線を迷わず走れる様になりたい。

「終劇」
by kaleidocycle | 2012-09-13 21:23 | 駄情報
<< そろそろそろそろ。 2013展示会 2発目(路上編)。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧