井戸端監視カメラ



a demon's night(あ~でもない)。

「New1x1」と言うにはもう全くNewでないんですが、
旧1x1を乗っている人間からするとやっぱりNewなSurly1x1。

補強だの何だのよりもフォークの長さ(肩下の設定)がビヨンと伸び、
まるで小学生の頃の自分の足と、最近の小学生の足との違い位、長さが違う。
いや、そんな不毛な比較はどうでも良いとして。

サスペンションを入れるに適したジオメトリとして生まれ変わったNewな1x1、
「シングルなんてのは何の助けも借りない孤立無援なのが美徳じゃ~い!」
という歪んだ思想を持つ旧1x1オーナーには、
悲しみをもって迎えられた感がありましたが、実際に組んでみると・・・。
c0189724_17305438.jpg

悪くないんじゃないでしょうか?と言うか良いんじゃないでしょうか?

そのまま組むと、チョイと野暮の骨頂的な所があるので、
使わないVブレーキ台座はグラインダーでギュンギュン飛ばして、
ヤスリでせっせと磨いてツルツルにし、色をプシューと塗ると、あらスッキリ
c0189724_17314148.jpgc0189724_1732418.jpg


c0189724_17383640.jpg
何故シングルを選ぶか?ってのは人其々ですが、
スッキリ感というのは、やはりシングル故の魅力。


そのスッキリ感を加速さす小細工として、
ステムも塗るのは基本の基本。

でもフェイスプレートだけメッキ、とか、
ハンドル位置を上げるかもしれないからと、
長めに残したコラムが不細工なので、
スキッとさせる為、チタンスペーサ入れる、とか。

c0189724_1894019.jpg
リアが6穴ディスク対応のシングルハブ、
ならばフロントも6穴で揃えたい。
ついでにフランジサイズや、
表面仕上げも同じ感じで揃えたい。

ならば。
シマノの29er用ラインナップにある、
ラージフランジの6穴ハブ「529」だ!

と、いった様な他人様にはどうでもよ過ぎる「自己満足」を盛り込んだ結果、
「もひとつだ」と思い込んでいたNew1x1は、意外にも素敵になりました。

アレではダメだ、コレはダメだと、文句を言うのはオラウーでも出来る。
それを何とかしてしまう、ってのも楽しみの一つとして噛み砕けるなら、
きっと明日は明るい未来。


まぁそんな無駄としか言い様の無い遊びをやってられるのも、地球が平和な間だけ。
今の幸せをかみ締め、アアデモナイコウデモナイと戯れましょう。南無南無~。
by kaleidocycle | 2012-09-07 19:48 | 無駄
<< 我慢。 2013展示会 一発目。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧