井戸端監視カメラ



適切化計画。

もう昨日の朝の事になりますが。
店へ向かおうと、晴天の下自宅を後にし、走り始める事約5分、顔にポツリと一滴。
c0189724_15222875.jpg

雨です

降り出すまでに店に辿り付けるか?
と、考える間もなく大粒の雨は降り出し、
周りは突然の雨で真っ白に。


小雨なら濡れるに任せて突っ切るでしょうが、
豪雨というに相応しい雨ですから、
最寄のテントの下で、呆けっと一服雨宿り。

雨宿りする自分の目の前を、ずぶ濡れになった人が行き交います。
きっと皆、急ぐ理由があって、濡れても何でも行かねばならぬのでしょう。

「パンが無ければブリオッシュを喰えば良いじゃない」
という名言ではありませんが「雨が降れば休めば良いじゃない」と言える事は、
実はとても有り難い自由なのかもしれぬなぁ、
としみじみと考えている内に雨は上がり、少し涼しくなった中を走り店へ。


そう、選べる自由は行使すべきであります。
元々は「どこでも自転車」というコンセプトに基づき組んだ我がパイク。
少し前まではトレールを走る事が多かったのでブロックタイヤを履いていましたが、
最近は花背峠をはじめとした峠越えの機会も多く、
主にオンロード&遠くへの用途が増えてきていたり。
c0189724_1523658.jpg

c0189724_1523586.jpg

ならば、その使用に適した様に、
チョイとタイヤでも替えてみるか。

という事で選んだのが、
Resist Nomad-tire 
 700x45c ¥3,990


c0189724_15244834.jpg
元々が29インチ対応のパイクですから、
ビッグアップルやスーパーモトみたいな、
29x2.0とかのスリックでも良いのですが、
29x2.0のタイヤはどれもこれも・・・重い


意味ある重さなら良いのですが、
太くも分厚くもある必要は無いので、
選んだのがこのタイヤ、な訳です。

45cで実測530g、まぁ丁度ええ位かと。

45mm=1.77インチという事で、世間一般的に言う1.75幅な訳ですが、
街乗りMTBでは普通の1.75幅も、700x45cとなるといきなり変なサイズに。

普通のクロスバイクじゃ、クリアランス足らんでしょうし・・・、
何の為にこんな?と首を傾げそうですが、
コイツはフィクスドでトリックをする人の為に開発されたタイヤだそうな。

トリックなんて出来る訳もない自分ですが、
まぁ都合が良ければそれで良い訳で、ポポポンと嵌め替えて・・・。
c0189724_15264661.jpg




じゃん。
うむ、普通のクロスバイクになった。
と言いたいけれど、クロスバイクにしてはやはり太いか。

とりあえず跨り漕いでみると・・・おぉぉ~!さすがスリック!楽っくちーん!
漕ぎ出しも軽ければ、速度維持も楽々、これで遠出も快適になろうて。
エアボリュームも、2.0と比べれば少なくなったとは言え、
クロスバイクとしてみれば45cは絶対的に太いので、非常に良い乗り心地。
c0189724_15255488.jpg
2.0幅のブロックタイヤから、
このツンツルテンのタイヤに替えたとなると、
もうダートに勢い良く飛び込んで行く訳にはいかぬ。

しかし、この幅というと?
ランドナーとかと同じ様な幅な訳で、
「無理無理~」とか言ってんと、
注意して走れば行けない訳は無い!

と、夜の砂利道へ攻め入ってみた所。
うん、無理しなければ普通には走れますな。

c0189724_15275965.jpg
「29erとして生まれたからには、
 29インチタイヤを履き続ける!
 クロスバイクのタイヤなんて履いてられっか!」

と、操を立て続けるのも良いですが、
45c位なら、割と悪くないんじゃないでしょうかね?

そもそも殆ど選択肢の無い45cというジャンルですが、
こんなのもある事、チェックしといて欲しいですな。


あと、この45cってのは、
クロスチェックに履ける最大幅でもありますぞ。


by kaleidocycle | 2012-08-19 19:32 | 商品
<< 正解世界。 終了。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧