井戸端監視カメラ



マツアゲた。

c0189724_163344.jpg

ついに。

と言うか何と言うか、
無事開催&終了した、
「流しそうめん&松上げ」


何かと忙しい盆の中、
しかもパッとしない曇り空の下、
結集頂いた皆様に御礼申し上げます。

c0189724_1635438.jpg
流しそうめんのノウハウなど、
何もないまま調べぬまま、
ケセラセラの精神に基づき、
適当な感じで竹を並べて組んでみた所。

意外な事に。
結構普通に流しそうめんは出来やした。

竹の節にそうめんのダムが出来、
そして決壊しパニックに陥った、
なんてのは、まぁ勉強です勉強。

そうめんは想像以上に大量に消費する!とか、
流すに適した角度や、竹の節の抜き具合など、
流しそうめんのノウハウは少~し見えた様な?

流しそうめんをやってみたい、そんなアナタ。
流しそうめんの事は俺に聞け!とまでは言いませんけど、
やる時は一声掛けて頂ければ、注意点などアドバイス出来る・・・かも。
c0189724_16373629.jpg

そうめん流しまくって、
森林食堂のカレーを喰って、
裏山走って、昼寝をしてと、
ダラダラしている内に陽は傾き。


真っ暗になった所で、
松上げの行われる広場へ向けて、
レッツゴー・ナイトライド。

c0189724_16384783.jpg
広場まではほぼ下り一直線。

本当の暗闇の中へ、
飲み込まれる様にズドーン!と、
ジェットコースターの如く行く。


頼りはライトの光源のみ。
この時のライトの頼もしさったら・・・。

拝火教の気持ちが分かっちゃうぜ。

c0189724_1639468.jpg

車の渋滞や、交通規制の影響も受けず、
ものの10分ほどで現場に到着。


松上げがはじまるまでの僅かな時間、
噂の露店を覗いたりブラブラリ。

お土産コーナーの「手作り石鹸」とか、
「手作りナイロンたわし」が泣かせる。
やがて。
松明を持った人々が神社から広場へ向かい、
広場に並べられた松明に火を移して行く。
c0189724_1642356.jpg

c0189724_16424947.jpg
松明の火で明るくなった広場に、
鳴り物が響き、そして。


掛け声と共に放り投げられた松明が、
放物線を描いて空を舞う。

入りそうで入らない。
惜しい!という瞬間には、
観衆からどよめきが沸き、
静かなグルーブが場を浸して行く。

c0189724_16445832.jpg
立てられた松の大木の、
頂上にあるかごの中に、
まず一本が入り、二本が入り、
数本入った所で、かごは燃え上がる。


知らぬ間に晴れていた空に、
一面の星が光る下、
本来真っ暗闇の山肌を、
巨大松明の炎が照らし出す。

火の力の強さを感じちまうぜ。

そしてかごの火が盛大に燃え盛った所で、松の巨木はゆらりと傾き。
c0189724_164621100.jpg



ドーン!と爆発音にも似た音を残して、豪快に倒れる。

これにて松上げ終了。
映画みたいにストーリーがあったりする訳では無いので、
コレの何が面白い、というのは中々説明し辛いですが。

もし「見てみたい」という人が居られましたなら、
来年こそは一緒に松上げに参りましょう!
by kaleidocycle | 2012-08-16 16:48 | 駄情報
<< 終了。 慣れぬ事。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧