井戸端監視カメラ



脳内旅行。

え~、現在夏休みの最中、という事で、京都市内でも様々な催し事が行われております。
しかし、何から行って良いかわからない、そんな方も居られるでしょう、ええ、ええ。
c0189724_17475650.jpg

そんな方にお知らせしたい催事が此方。
下鴨神社の「納涼古本まつり」

下鴨神社の広~い境内の、
高く聳える木々の木漏れ日の下、
一堂に会した古書店の出店がズラリと並び、
古書を手に取り検討するも良し、
みたらし川に沿って散策するも良し。

暑い夏を凌ぐ為の涼しげなイベントでございますぞ。

c0189724_17481984.jpg

まぁ人様に勧めておきながら何ですが。

私、アンチ古本主義でありまして、
本は文庫本の新品のみ、という偏向性を持つ為、
開催中の古本まつりを覘く事はありません。


しかし、祭りを仕舞った後の夜に通り掛ると、
真っ暗な境内の中、防犯の為か点灯したままの、
出店のテントが並ぶ風景を、つい眺めてしまいます。

誰も居ないのに人の賑わいの残滓は在る、
それだけでも中々面白いモンですので、暇な人は是非。


え~、そんなこんなで「涼しい場所で本を読んで脳内旅行を楽しむ」
というのは、自分の中での最良の避暑の方法と考えておりましてですね。
我等が補陀落山荘にも「俺文庫」という、空井戸選書を並べております。
涼しい場所でボケっとするのも良いけど、呆け飽きたならこんな本でもどうよ?とそんな。

その俺文庫から、夏の一冊にお勧めしたいブツを、幾つかご案内。
c0189724_17485273.jpg
まずは、
・日本の島々、昔と今   有吉佐和子著

今話題の竹島、尖閣をはじめ、父島、波照間島、
そして焼尻島なんていう聞いた事も無い離島を、
歩いた紀行文・・・と言うと少し違うけど。

それら島々の過去と現在を比較し、
島国日本はどこへ行く?と問いかける一冊。

書かれたのが1980年前後なので、
タイムスリップ感も味わえ二度お得。

c0189724_17491182.jpg
お次は、
・珍日本超老伝  都築響一著

昭和という時代が生んだ、変過ぎる老人ってのが、
自分が子供の頃にはチョロチョロ居た訳ですが、
そんなクレイジーな老人のカタログが此方。

「個性の時代」なんて言葉を恥ずかしく感じさせる、
老人達のアクセル全開な生き様ったら、もう。

「オレサマじいさんに、ガツンとやられる快感」
というコピーを信じ、読んで笑って悩むべし!

c0189724_17492948.jpg
もう少し普通のん。
・ラストドリーム  志水辰夫著

何でも書けるアルティメイト作家シミタツ先生の
お得意である「人生の夕暮れ」がテーマですが、
そこにファンタジーの匂いを加味した異色の一冊。

あらすじとかは、敢えてパス。
ただ・・・面白い!ドップリ嵌れる!
エンターテイメントなのに重厚なシミタツワールド、
読み耽り過ぎて、泣いても知らんぞ!


そう、本ってのは何が良いって、読んでいる間はその世界にドップリ嵌れる事。
その点を重んずるなら「最低500頁」ってキーワードが欲しい所。
でも、水増しした様な無駄なページは要らねぇ!
書いても書いても収め切れなくてついページが伸びちまう、欲しいのはそんなんだ!
c0189724_17494996.jpg
という暇人に。
・湿原  加賀乙彦著

学生運動が激しさを増す60年代、
新幹線爆破テロの容疑者として、
冤罪に巻き込まれる主人公。
大きな流れの中で、木の葉の様に舞う、
人の人生の先に見えるモノとは一体?

冤罪・死刑という乙彦先生お得意の重~いテーマながら、
人生や愛の賛歌を散りばめた、性善説ベースの爽やかな読後感や良し。
c0189724_1750932.jpg
      /
    /
  /

家族や仕事に邪魔されず、
どっぷりと本の世界に嵌りたいなら、
補陀落山荘来いよ!涼しいぜ!

  \
    \
      \

と、猫も申しておる事ですしね。
暇なら脳内旅行、って事ですよ。
by kaleidocycle | 2012-08-12 19:31 | 駄情報
<< 慣れぬ事。 13日の月曜日。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧