井戸端監視カメラ



五時から男。

c0189724_2064189.jpg
昨日の見た予報は、「明日は曇りのち晴れ」

雨降りで鈍りがちな体に、
その情報はスパイシーだった様で、
今朝目覚めると、時計は4時半。


もう一度寝るか?もしくは呑むか?
それともフライング気味に出てしまうか?

ボケっとしながら考えた結果、5時半出発。

c0189724_2092961.jpg
京北からグルッと回って、補陀落山荘へ行けば、
到着する頃には、丁度朝飯に良い時間になろう、
そういう逆算からの出動時間決定。

早く着いてもノンちゃん寝とろうし、
ノンビリ行こう、ノンビリと。


等とユルユル走っていると、

パラ。 パラパラ。 パラパラパラ。
雨かい。

c0189724_20122199.jpg

栗尾峠の眺望を眺めながら、やや悲しみに浸る。

雨の中走る趣味はねぇんだよ。



しかし、此処から引き返すという程、
野暮でもねぇんだよ。

c0189724_20134098.jpg

幸いな事に、降るといっても大した事は無く、
肌湿らす程度のシャワーの様な雨。

この程度の雨であれば、
カンカン照りよりも寧ろ歓迎。


塗装をしていない鉄フレームが、
また錆びるのか、という事がカナンだけ。

c0189724_20144090.jpg
錆の事は帰ってから考えるとして、
今はドーンと走りませう。


川の水量も増して、流れは豪快。

そして雲は下りて来て山を隠す。


その水分&水分の僅かな隙間を、
黙々とすり抜けスススのス~。

c0189724_20164315.jpg
やがてやがて。
見事時間通りに山荘到着。


珈琲飲みながら一週間の業務連絡、
及び無駄話を堪能した後。



畑の状況を視察に。

c0189724_20182822.jpgc0189724_2019741.jpg


c0189724_20192546.jpgc0189724_20193618.jpg


c0189724_20195048.jpg
きゅうり、良し!

トマト、鈴なり!良し!

枝豆、予想外に出来ている!良し!

唐辛子、良し!


カエル・・・ちっこいな。

植えた野菜は実が生る、という当然過ぎる程当然の事が、
それだけで面白いというのは、嬉しい様な、申し訳ない様な・・・。
c0189724_20204783.jpg

そんな畑の育成状況を、
一通り愛でた後、市内への帰路に。

なんやかんやしていた内に雨も上がり、
花背峠を下る頃には晴れ間も覗き、
木漏れ日の中をギュイーンと下る。


途中、日曜を遊び始めた知り合いと、
何度もすれ違いながら、遊びは終わりに。

70kmほども山道を堪能し、畑を散歩して、家に帰着してもまだ10時。
12時開店の空井戸サイクル、此処から本来の今日が始まる。

という事は、この朝のライドは一日の予定の中ではオマケであり、
早起きは三文の得、というのは事実である訳です。
by kaleidocycle | 2012-07-08 21:53 | 無駄
<< ぶるぶる。 画竜点睛。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧