井戸端監視カメラ



過去を引き摺りズリッズリ。

「ノラリクラリロード」として、ノラリクラリと企画している我がスポルティフ的ロードバイク。
c0189724_1721793.jpg

製作の状況を調査すべく、
朝からEBSの工房へ突撃。


おお!出来ている!・・・前三角だけ・・・。

この時点ではまぁ普通のラグフレームですが、
そのまま素直に収める程、大人じゃねぇぜ。

後半戦の仕上がりが楽しみですわいな。

因みにこの車両は、過去EBSラインナップにあった、
スタンダードなホリゾンタルロード「ニードル」をベースとしております。

ホリゾンロードの「ニードル」は、その後クロスバイクの「ニードル」になり、
そのクロスのニードルを自分の好みでモンスタークロス化したのが「パイク」
そしてパイクとベースコンセプトを共有させたオールテレインバイク「ボッカ」と、
共通のご先祖様はニードルと言えなくも無く(やや無理矢理)、
そしてまた今回、ニードルをご先祖様に持つ一台を作っている、と。

自分が企画したEBS製品としては「メロウ」「パイク」「ボッカ」と3品あり、
今回は4品目となる訳ですが、メロウ以外は言うなればニードルの子孫。
さぁどんな仕上がりになるか?今からムフムフです。
c0189724_1722856.jpg
で、そんなムフムフ号、
いや、実はもう名前はつけてあるんですが、
それはまた完成してからと言う事で。

組み付けるパーツは手持ちのパーツメインであり、
クランクには愛してやまない950系XTRを使う予定。

(←コレはお客さんの。自分もこんな綺麗なの欲しいぜ。)

こんなクソっ硬いクランクがマッチする訳無いのですが、
歯数の組み合わせも程々に丁度良いし、
愛用品故にスペアを幾つか持っているし、
似合わなくてもやっぱりカッコいいしで取り合えず。

c0189724_1723999.jpg

しかし、950系XTRと言えば、
BBはオクタリンクであり、
更に他のXTやLX、Deore等とは互換性の無い、
「V1」と呼ばれる規格のオクタリンク。

生産中止になってもう随分経つので、
今や入手が微妙に困難なモノの一つです。

が、BBは常に強大なトルクが掛かる箇所であり、
雨も無視してゴシゴシ漕いでると結構すぐにダメになる。

「クランクは元気に使えるのに、消耗品のBBが手に入らないから使えない、
 そんな悲しい事があって良いのだろうか・・・。」

となってしまっている950愛用者の皆様、ロードのBBは使える事、ご存知ですね?

ロード用でも105からデュラまでは、XTRと同じV1オクタリンクですので、
軸長さえニーズに合えば使える訳です。
c0189724_1725026.jpg
で、XTRの軸長は112.5mmと116.5mmで、
チェーンラインは・・・という話は長くなるのでパス。


取り合えず言える事は、
「ロード用のV1BBは今でも普通に手に入る」
という事、そして、
「そろそろ在庫が怪しくなって来た」という事。

105はまだしばらく行けそうですが、
77デュラ用は一部生産が終わった様です。

特にMTBに流用した際、チェーンステーとのクリアランスを確保し易い、
トリプル用の「118.5mm」は、ダブル用の「109.5mm」よりも先に消えるでしょうから、
まだ暫く950XTRを使う予定のある方は、そろそろ確保に走った方が良いかもしれません。
・BB-7703(シールカートリッジベアリングタイプ) 68x118.5 ¥6,000
・BB-7710(シールカートリッジベアリングタイプ) 68x109.5 ¥6,423
・BB-7700(カップ&コーン・ニードルベアリングタイプ) 68x109.5 ¥9,085


自分は勿論!XTRのBBもデュラのBBも確保完了済みですぜ。




愛車パイク號には、950クランクをバッシュガードを着けてダブル化して装着しており、
この場合に77デュラの118.5mmBBを着けると、フロントチェーンラインは約50.3mm、
シマノ推奨の50mmに限り無く近くなります。
Qファクターは広がりますが、代わりにサイドスタンドとの干渉とは無縁に。

なので、反対に今度のロードにつけようとするとなると、
V1タイプで一番短い109.5mmが必要になったりする訳ですが、
トリプル、若しくはミドル&アウターのW仕様にすると、
フロントチェーンラインはかなり外に出るでしょうから、
自分は良くとも、人様にお勧めするという訳には行かないでしょう。

この手の「チェーンラインって何?」とか「選び方&メリット・デメリット」、
そんな話もノンビリ書いてみたい所ですが、ホントに長くなるので・・・。
チェーンライン云々のお話が気になる人は弊店店頭で聞いて頂くか、
もしくは近くの自転車屋さんで聞いて下さい、うん。
by kaleidocycle | 2012-06-13 21:21 | 駄情報
<< アムネジア、はじめました。 梅雨対策色々。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧