井戸端監視カメラ



入梅NewBike。

え~、本日から関西は梅雨入りと言う事だそうで。
雨対策が一切為されていないマイロードバイクは、暫し休息入れざるを得ない様です。

代わりに、雨に強いマシーンの出番が増える訳ですが、
雨に強いというとその条件は「雨天下走行でも痛み難い」とかいうのでも良いのですが、
フェンダーが着いている事や、ディスクブレーキである事など、
「雨天で乗っても自分が快適である事」という事になるのかな、と。



そんな入梅前の今週、雨に強そうなロングホールトラッカー(LHT)を、
2台連続で形にしてみました。

まずは、LHTをロングテール化した「ロングロングホールトラッカー」
小奇麗なクラナのフェンダーが、跳ね上がる雨水をビシッと避けてくれそうですな。
c0189724_17281316.jpg

LHT、実はロングテール化の相性が非常に良く、
弊店ではこんなロングロングホールトラッカーを作るのはコレで3台目。

しかし、今までの2台とコイツが大きく違うのは、
ベースのフレームがデモンタブル(分割式)のLHT-DXであると言う事。
トップチューブとダウンチューブ、其々に装着されたS&Sカップリングにより、
前後がバラせるデモンタブルフレームをベースに使う事で、
簡単にバラして輪行出来る、輪行ロングテールとなる訳だ、コレが。

まぁメーカー欠品中のキックバックスタンドと、
シフトワイヤーを分割する為のカップリングが足りていないので、
このままではまだ輪行が難しいけど、一応一通り形になった、と。
まぁそんなギミックは置いておいても、普通に良い立ち姿やね、うんうん。



そしてもう一台「ついでじゃい!」と組んで形にしたのは、
LHTのディスクブレーキバージョンである「Disk-Tracker」
c0189724_17283814.jpg


・Surly Disk-Tracker空井戸仕様(サイズ54) ¥166,000 →完売!

ド直球ツーリングバイクたるこのフレームを、9割ツーリング、1割愛嬌で構成したこの一台。
様々な地形・環境を走破する為に、ワイドレシオのギアを選ぶのは必然。
そしてハンドルはやはり様々な状況で気を吐くバーエンド一体ハンドル「日東 B261AA」
メインコンポはフルデオーレとしながらも、シフターはWレバーを合わせる事で、
B261AAの操作性を充分に引き出せ、また耐久性の向上も狙える、と。
c0189724_17285249.jpg

リムは今となってはレア商品になってしまった、
ディスク専用リム「Alex DP20」のポリッシュを使い、
そこに合わせるタイヤはシュワルベ・マラソン・・・、
と定番の答で行きたい所をグッと我慢し、
あえて「パナレーサー リッジライン」をチョイス。
この「ダート程々、オンロード程々」な感じ、良かろ?

勿論ブレーキは油圧ディスクなので、
雨でも晴れでもダートでもアスファルトでも、
いつでもどこでも最高の制動能力で旅をサポート。

c0189724_1729724.jpg
ブレーキキャリパー位置も工夫があり、
前後共にバッチリキャリア装着可能。

よく見りゃフォークの肩にロゴマークが。


更にサドルにはセラサンマルコ ロールスを着け、
ペダルまで個人的に「コレやろ!」という、
三ヶ島 BM-7まで着けてと至れり尽くせりで!

¥166,000ですよ、アナタ。

いや、そりゃ16万っつーと良いお値段ですから、安いとは言いません。
しかしですね、ディスクトラッカーのメーカー完成車¥169,050(ペダル無し)、
それに対して、これだけのパーツ構成&スタイリングでこの価格となると・・・ね?

メーカー完成車が高い、という事ではなく、目的や好みがハッキリしているなら、
実は自転車屋に任せた方が、より効率的に予算を使える事もある、とそういう事です。
まぁ、この一台は展示車両なので特別安い、というのはあるんですけどね。

雨などに構う事無く旅に出る、そんなツーリングライダーに、
こんなディスクトラッカー、如何でしょう?
by kaleidocycle | 2012-06-08 18:07 | 商品
<< 行ってきます。 ムカデな明日。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧