井戸端監視カメラ



リーボックじゃなくてイーボック。

c0189724_1944214.jpg
いつまで経っても暖かくなりません。
世間は春休みの3月末だというのに、
今朝も、走りに出たら雪降って来ましたしね。

まぁ暑いのが苦手な自分としては、
夏が来るよりかは寒さが続く方が良いのですが、
それでも何でも・・・寒いな京都。



南の方へ行けば暖かいのかしらん?

そんな暖を求めてなのかどうなのか、
先週、お客さんが輪行&一泊で九州へ行って来られたそうです。
九州と言うと「遠い」としか思わないのですが、新幹線に乗れば3時間程度で着くそうで、
乗り換えや待ちや何やと考えると、ある意味関西圏を輪行で移動するよりも近いのかも。

しかし輪行って・・・邪魔臭いですよねぇ・・・。
パッキングするのには意外と時間が掛かるし、
広い京都駅内を、自転車担いでウロウロするのもしんどいし、
電車の中でも、目を離すと「バタン!」なんつって倒れたりするし、
目的地について艤装しようと輪行袋を開けると・・・、
傷がついたフレームや曲がったエンドを目にして「オゥノウ・・・」と懊悩するなんて事もあるしで。
c0189724_1955079.jpg
そう、自分は輪行が好きでは無いのです。
輪行のメリットは魅力だけど、
それ以上にデメリットが恐ろしい。

そんな現状を打開すべく、
昨年に注文していたコイツが届きました。

c0189724_19667.jpg
ゴルフバッグの様ですが、然に非ず。

クルクルと巻かれた本体を開けると、
中に塩ビパイプと、グラスファイバーのバテンが。


そのパイプx4本と、バテンx4本を、
所定の位置にスポスポと差し込むと、
準備完了です。


何の準備かってーと。

c0189724_1962264.jpgc0189724_1963515.jpg


c0189724_197174.jpg
そう、このバッグはフォールディング可能な、
「輪行袋以上、ハードケース未満」
そんなセミハードケースなので御座います。

・evoc バイクトラベルバッグ


29erホイールのモンスタークロスである、
愛車パイク號が、キャリアをつけたままで収納可。

なので、ロードは勿論、DHバイクでも入るそうな。

c0189724_1971947.jpg
輪行袋と大きく違うのは、
外したホイルを入れる場所が決まっており、
前後ホイルを外して、左右のポケットに入れ、
あとはハンドルを外せば、それで準備完了。


先程入れた塩ビパイプが、
ホイルを外的衝撃から護り、
またスプロケやローターが当たる箇所も、
補強されているので、袋が破れたり、
フレームに接触して傷を入れたりしない訳です。

c0189724_1973025.jpg
バッグ本体の内部に装備されたベルトで、
フレームを括って、ジッパを締めれば完成。

この状態で、縦置きでも横置きでも自立するので、
電車に持ち込んだ際にも、程よい場所にポン、と。


また高速バスで嫌がられる事の多い輪行袋ですが、
コイツなら自立する上、多少の衝撃に耐える為、
バスのラゲッジに普通に入れる事も可能ですし、
飛行機に乗る時も、段違いの安心感ですわな。

c0189724_1975329.jpg
角にスケボー用のウィールがついているので、
ハンドル持てば、そのままコロコロ転がせます。

なので、駅の中だろうが空港だろうが、
ススっと転がせ、移動は簡便至極。


この点、ハードケースって憧れますねぇ。
ただ。移動は良いとして。
「目的地の駅なり空港なりに着いた後・・・、
 このケースを如何すれば良いのだろう?」


c0189724_1994639.jpg

1、駅に着く。
2、自転車を出して艤装。
3、バッグを畳む。
4、そして片手運転で曳く。

それも良い。

c0189724_1910044.jpg
けど、大きな駅や空港ならある、
ゴルフバッグ用のコインロッカーに、
突っ込んでしまうと言うのも一つの手ですし。

バックパックの外付けハーネスで括れば、
無理矢理運んでしまう事も可能。


まぁラリアットしてしまわない様に、
注意する必要はありますけど。


と、この様に輪行の行動として、
「今までにない選択肢」を生むこのバッグ。

飛行機や高速バスでの移動もハードル下がるし、
遠くのトレールを日帰りで攻めに行く、とか、海外旅行に自転車持って行く、とか。

ヤッホーオークションなどで自転車を売り買いする時も、
「どうやって自転車送ろう・・・」と悩む事が多いと思いますが、
コレに詰めて送れば傷む心配も少ないでしょうし、梱包物なので送料も安い。
で、到着後自転車を抜いて、バッグだけ折り畳んで送り返して貰う、とか。

コレがあればアレも出来るコレも出来る・・・、と妄想が膨らみませんか?
c0189724_19101516.jpg

さぁ皆さん、コレを買いなはれ!

と言いたい所なので・す・が。
コレ、¥50,400と結構値段するんですよね・・・。


ハードケースとしては然程高くも無く、
使い勝手の内容を考えれば安い!とも言えますので、
海外によく行かれる方や、
とにかく輪行での移動が多い方には是非!

ただ、それ程でもない、でも興味はある、そんな方には!貸しますぜ。
コレは自分用に買ったのですが、自分も年にそう何回も使う訳ではありませんしね。
さぁ、コレがあるとするなら・・・アナタなら何をします?
by kaleidocycle | 2012-03-26 20:32 | 商品
<< オーライ到来。 史上最大。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧