井戸端監視カメラ



お金の貯まるカスク。

c0189724_15103389.jpg
朝の冷え込みも無くなって来た事ですので、
そろそろ・・・そろそろ我慢ならんくなって来ました。


何がって、ロードですよ。

昨年の夏から進めている、
自分用のフルオーダーフレームが、
試作品が出来上がった後、
一向に完成品が出来上がらず、
試作を目の前にして悶々としておりました。


が。
もう辛抱ならん、という事で未完成の試作を無理矢理組み上げ、
騙し騙し乗ろう、と店から自宅へ搬送。
c0189724_1592326.jpg



一応乗れるとは言え未完成。まぁ「巨神兵」みたいなモンですね。
c0189724_15113037.jpg
なので走行中に「アワワワ!」となるやもしれない。
そんな不意の事態に備えるべく、
カスクを買ってみました。


・リンプロジェクト 蛇皮カスク ¥14,700


リンプロジェクト定番のカスクの中でも、
ハイエンドのレザーラインの、
更に限定仕様の「蛇皮バージョン」。

自分が子供の頃は、ロードと言えばカスクで、レースでもヘルメットを被っている人は居らず、
何か被っていてもサイクリングキャップか、このカスクでした。
c0189724_15105623.jpg

ヘルメットを被るのも良いのですが、
チョッと大仰な感じがしないでもない、
そんな時にはカスク。

バチバチに飛ばすデンジャラスボーイには、
是非ヘルメットをお勧めしますが、
自分の様なゆらゆらロングライドや、
朝の軽いフィットネス程度のロードであれば、
程々の爽快感と、程々の安心感を併せ持つカスク、
とても良い感じです。

c0189724_15111014.jpg
ポタリング、とまで緩くなくても、
チョッとひとっ走り行こう、
そんな時に、ヘルメットを被るか否か?
そこで悩む時にもカスクは良い塩梅です。


特にリンプロジェクトのカスクは、
カスクには珍しく大きなサイズが選べ、
自分の様な頭でっかちでも、
Lサイズ(頭囲61cm)を選べば、
下に汗止め用のキャップを被っても、
全く窮屈感無し。

c0189724_15122819.jpg

また、カスクはヘルメットと違い、
構造上、折り畳む事が可能なので、
例えば輪行で出掛ける時にも、
荷物を一つ減らせる、という美点もあり。

勿論、通勤などでも邪魔にならないので良いかと。


ジーパンの尻ポケットにもスポッとな。


そんなカスクが何故絶滅寸前になり、何故ヘルメット全盛時代が来たのか?
この点は、表の理由と裏の理由があるので、気になる人は自分で調べて頂くとして。
c0189724_15114384.jpg

リンプロさんが作ってくれているお陰で、
現代でも、サイズも柄も選ぶ自由があります。


蛇柄は30個のみの限定生産ですが、
他の色&柄は合皮で¥9,500から、
本皮で¥12,000から選べます。

件の蛇革モデルも店頭にもう一つありますので、
日本の帽子職人さんよる手作りのカスク、
宜しければお一つ如何でしょう?
by kaleidocycle | 2012-03-16 16:41 | 商品
<< お知らせ数点。 弔辞。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧