井戸端監視カメラ



弔辞。

アナタの事を「師匠」と呼び始めたのは、いつ頃からでしょう。

思い返しても、いったいいつの事だったかよく思い出せませんが、
多分、アナタがテントも持たず冬の大台ケ原にツーリングに行き、
樹氷の中で寝袋だけで寝て帰って来た、
その報告を聞いた時だったかな、と何となく。



その後、アナタはユーラシア横断ツーリングへ出て、
砂漠を越え、極寒のトルコでテントの中にツララをはりながらも、
桃源郷を見、2万kmを走り抜き無事帰って来た事に自分は驚き、
そんなアナタの自転車を用意させて貰った事、
その事を自分はとても誇らしく思いました。

後から振り返って、日本人初ルートである事を知り、
「次はもっと難しいルートで挑戦したい!」
そんな事を言うアナタに、自分はもう・・・いつも衝撃を受けるしかなかったですよ。

ただ、仕事を始め、忙しくなって時間も取り難くなったアナタは、
少ない時間で、アナタの冒険心を満たせる山登りに魅せられ、
初山なのに、いきなり冬の剣岳へ行ってましたね。
本当に、無茶苦茶やなぁと、アナタの背中をいつも見ていました。



昨日、アナタのお母さんから連絡を頂きました。
驚くというよりも、ただボウっとしてしまい、
とても現実の事とは受け取れない自分が居ました。

八ヶ岳で凍った状態で見つかっちゃったそうですね。
アナタらしい最期と言えば最期だと、少し嬉しくなります。

泣いて別れても仕方ない、その事はよく理解している積りです。
それでもやっぱり、悲しい、惜しいという気持ちは塞ぎ切れません。



アナタは、国内のツーリングに飽き足らず、
海外ツーリングをこなし、より挑戦を求めて山登りを始めましたが、
「足りない」という気持ちがあった事、話してくれましたね。

だから多分。
アナタは今、須弥山に狙いを定め登り始めたのでしょう。
アナタ程のガッツと知力と行動力があれば、
須弥山を登頂する事も、時間の問題のはず。

かつて、パキスタンの桃源郷の風景を語って聞かせてくれた様に、
須弥山の頂上からの風景の如何なるものか、また聞かせて下さい。
自分も50年以内には其方へ行きますから。



イクヲ師匠。
アナタは自分の憧れであり、アナタと過ごせた時間は誇りでした。
ありがとう、そしてさようなら。
by kaleidocycle | 2012-03-14 23:04 | 無駄
<< お金の貯まるカスク。 サイクル誌 春号。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧