井戸端監視カメラ



Newミトス。

MTB用タイヤに数あれど、自分はIRC製品を愛用しております。

特にミブロ2.25は素晴らしくバランスの取れた一本で、
乗り心地の良さに加え、程々なグリップ&重量が、
「ハイグリップ&超軽量だけが全てではない!」
という事実を教えてくれる、名作タイヤだと思います。
c0189724_1453383.jpg
ただ、前後にミブロ履くと少し転がりが重い上、
そこまでリアにはグリップを必要としないので、
リアにはよりノブの低いミブロマラソンを使用。

が。
ミブロマラソン、花崗岩砂礫の多い裏山で使うと、
登りでのグリップが今ひとつふたつみっつで、
チョイと慎重なペダリングを要求されます。


まぁコレで良いと言えば良いのだけれども・・・。
c0189724_14534928.jpg
そんな気分を払拭すべく導入したのが此方。

・IRC Mythos XC 2.25  ¥4,830


ミトス、と聞くとまぁ懐かしいとしか言えませんが、
あのミトスが名前以外の何もかもを一新し、
昨年、チューブレスで再デビューしたのを、
知っている人は知っていると思います。

追って、そのチューブドバージョンも発売されており、
それが此方な訳ですね。

そんなNewミトスの目玉は170tpiケーシング
ケーシングと言うのはタイヤの骨格でありまして、構成するワイヤを並べて数えた時、
1インチ幅の中で何本並んでいるか?という数字をしてtpi(スレッド・パー・インチ)と呼びます。
c0189724_1454250.jpg

この数が多ければ多い程、繊維が細い事を意味し、
つまりは薄くしなやかに出来る、と。


で、普通のMTBタイヤのケーシングは、
街乗りタイヤで60~80位、
トレールタイヤで80~120位なのに対しミトスは170!
170って数字は超軽量ロードのそれです・・・。

c0189724_14551996.jpg
そんな高度な製品ゆえなのでしょうか、
今までIRCは日本国産製品が多かったのですが、
ミトスは中国生産になっておりました。


針の穴を通す様な絶妙にして最小限の製品展開で、
国内生産というデメリットをユーザーに感じさせない、
そんなドメスティックブランドの見本の様なIRC。

そのハイエンドモデルが中国生産というのは、
少し寂しく有りますが、反面このレベルの製品が、
¥5,000以下というのはやはりメリットですな。

c0189724_14553850.jpg
まぁそんな与太事は置いといて、
チョロっと走りに行ってみた所・・・。

おお!良い!良いではないか!
IRC独自のモッチリ乗り味が更にモッチリし、
乗り心地&路面を喰う感触が非常に良い感じ。

ノブ自体は低めなものの、細かく鋭く並び、
ミブロマラソンであればズリズリ滑った登りを、
多少ラフに漕いでも全然喰う。

なのに漕ぎが軽い。コレが170tpiの恩恵なのか?

c0189724_14555190.jpg

世の中には良いタイヤがごまんとあります。
最右翼たるKendaも良いし、Maxxisも良い、
パナも良いし、コンチも良い。

そんな中からトレールタイヤを選ぼうとして、
何にしたら良いか悩んでしまった時。

「フロント=ミブロ2.25」x「リア=ミトスXC2.25」
そんなIRCの組み合わせをお勧めしますぞ!


今朝は天気も良く、陽が射す山の中は、ほんのチョビっとだけ春の匂いがしました。
寒いのは好ましく無いけれど、小虫だらけの時期がまたやって来るのかと思うと切ない。
MTBには今の時期が一番好ましいのかもしれませんね~。
by kaleidocycle | 2012-02-17 17:14 | 商品
<< 二話連続。 THE準備。(ディスクフィック... >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧