井戸端監視カメラ



君は見たか!

自転車に興味の無い人に自分の自転車の事を説明すると、
「馬鹿じゃないの?」という反応が返って来ませんか?
そう、趣味とはそういうモノ。
と言うか、万人共通の良いモノは趣味とは言わんですわな。

まぁ自転車は便利グッズであると同時に趣味としての性質もあり、
その振り幅は人其々だったりする所が、とても素敵であります。


で、その自転車を構成する色々の中でも重要な位置を占める「シフター」
コレも純粋なる性能や使い勝手だけで言えば、
絶対的位置に「デュアルコントロールレバー」という存在があり、
ロードバイクにおいては電動まで出てしまったりしております。

しかしそんな便利な電動デュアルコントロールも、
全ての人の支持を得られてる訳でもなく、
MTB用デュアルコントロールに至っては、廃盤の憂き目にあったり・・・。
c0189724_21532244.jpg
そんなMTBのフラットバーは置いといて、
ドロップハンドルに合わすとなると、
自分はWレバー支持者であります。

デュアルコントロールとWレバー、
それ以外の選択肢と言うと、バーエンドコントローラ。

更にそれ以外!となると非常にマイナーになりますが、
例えばこんな懐かしのコマンドシフターなんてのも。

今見ると結構良いじゃないか、と思いますが、
まぁメーカー自体が無くなってますしねぇ・・・。

c0189724_2153666.jpg
こんなのもありました。
KellyBikeのテイクオフレバー

着ける位置や動きとしては、
コマンドシフターに近かったですが、
シマノのレバーを使えるので便利でしたね。

が、そんなKellyも倒産してしまったし・・・。

そんな状況の今!新機軸のシフターが噂になっております!
それが此方!
c0189724_21534290.jpg
・Retro-shift(レトロシフト)

普通~のエアロブレーキレバーの、
レバー付け根にバーコンを着けた、
この合わせ技一本!のシフトシステム。

シフトさせる手の動きは、
非常にデュアルコントロールに近いですが、
デュアルコントロールよりも潰れ難く、
何より安い!というのはメリットですな。

また、一気に4~5速飛ばすシフトが可能で、
シクロクロスでは実用品として便利でもあるそうな。

「デュアルコントロールレバーまでは必要無いんだけど、Wレバーはチョッと苦手」
そんな人には、このレトロシフト、グッと来るんではないでしょうか?
マウンテンドロップなどに着けても非常に良い感じになるでしょうね~。



と、そんなレトロシフト、自分も未だ現物を見た事がありませんので期待だけが募ります。
しかし・・・コレは現物を見てしまいました。
c0189724_2014221.jpg
Van dessle(ヴァンデッセル)のWTF

クルーザースタイルのフレーム形状が、
レトロテックみたいでイカしまくるぜ!

ホイルは29erなのにフォークが短く、
サスペンションは入りそうにもない。
という事は?

そう!コレは29erが履けるシクロクロス、つまりモンスタークロスフレーム
c0189724_20143716.jpg
双胴のトップチューブがイカすだけでなく、
エキセントリックBBで、シングル&マルチ共に可能。

前後にキャリアダボもあり、ツーリングもバッチリと、
かなり魅力的な一台なのではないでしょうか?

まぁしかし、こういったフレームの問題点として、
大体はオーダー&ハンドビルド物で、
価格が結構してしまう事が挙げられます。

でも~。
結構買える値段だったりするのですよね~、コイツ。

このWTF、見た瞬間欲しくなりました。
いやそりゃ、家にこれ以上自転車置く場所なんて無いし、
実際に手に入れたとしても、いつ乗るねん、という話ではあるのですが、
それでも・・・ええなぁ~、と思ってしまうのです。
(自分が組むなら、ギア比軽めのシングルスピードで軽量目に組むだろうなぁ、なんて。)

と、そんなレトロシフトとヴァンデッセル。
共に入荷はコレからですが「ええやん!」と思って頂けた皆さんの声が追い風になります。
見た瞬間に燃え上がってしまった人は、早めに相談して下されよ。
by kaleidocycle | 2012-01-26 23:39 | 駄情報
<< 鹿の角はじめ。 ボッカ再確認。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧