井戸端監視カメラ



裸の獣用。

c0189724_1851331.jpg

本日、久し振りに屋上へ上がってみると、
そこにはプールが。


弊店屋上は防水されており、
降った雨は、唯一の排水溝から流れて行く。

ただ唯一ゆえに、その穴が詰まると、
今回の様に雨が溜まってプールと化す、と。


c0189724_18511695.jpg

手摺を伝って、濡れない様に排水溝の場所へ行くと、
排水溝のトラップには獣の毛がフェルト状に堆積し、
バッチリな防水効果を発揮していました。


デッキブラシで獣毛を排除するとすぐに、
渦を巻きながら地上へ向けて吸い込まれて行く水。

屋上の防水性、恐るべし。
獣毛の防水性、恐るべし。


獣は、こんな防水性&保温性が高い毛に覆われ、さぞ暖かく過ごせている事でしょう。
しかし人間の体毛はショボイですから、衣服を着る事で保温・防水し快適性を保つ、と。
で、ですよ。大丈夫ですか?寒い中、いけてますか?

「走りには行きたいけれど、寒くてチョッと・・・」なんてのは悲しい話じゃないですか。
という事で、本日は吸汗速乾の保温ウェアを纏めてみたいと思います。
まずは、最近自分もコレばかりな・・・、
c0189724_18515848.jpg
LT-O011 メッシュマスクフルフェイスパーカ
 ¥16,800


ある種の定番になっているフルフェイスパーカ。
しかしベースモデルのフリース素材は、
動くとどうしても汗が溜まってしまう。

しかし、此方は「ウォームキャッチ」という、
ユニチカの吸汗速乾素材を使っており、
裏起毛の暖かさと、適度な防風性に加え、
かいた汗が溜まらないのが非常なる美点。

ストレッチ性も当然確保されているので、逆立ちしようが服が邪魔をする事はありません。
フードもまた、そのストレッチ性の高い生地で出来ている、
という事は、通常のフードとは異次元の視界を確保出来る訳で、
振り向こうが上見ようが下見ようが、違和感を覚える事は全くありません。
c0189724_18513484.jpg
また今の時期は朝でも昼でも、
山へ上がれば耳が痛い訳ですが、
フードを被って行くと耳が痛く無いだけでなく、
意外なまでに暖かく感じます。

フード、マスク、其々独立して動きますので、
フードだけ被する事で首周りから上を保温し、
アウターを省略する、というのも良いですし、
鼻の頭が痛ければ、マスクを引き上げるのも良し。

マスク部分のみメッシュになっているので、
メガネも曇り難いやね。

と、絶賛してみましたが、ホンマに良いですよ。
何で皆さん買わないのか不思議な位。寒くても乗る人には、実にお勧めです。



「でもバックポケットが無いのは・・・」そんなバックポケット至上主義のアナタには、
c0189724_18521910.jpg

・LT-O001 サラカラホットジャージ
 ¥18,900



元々水着用の素材であるサラカラ。
その保温バージョンである、
サラカラホットで作られたこのジャージは、
肌に触れる部分は起毛になっており、
汗を一瞬で吸い取って乾かしてくれます。

c0189724_18523180.jpg

更に縦横無尽のストレッチ性で、
暖かいのに、着ていない様な快適さ。

この快適さというのは、
ある意味夏ジャージでは無理な世界。

パッと見は地味で、メタルジップのみが、
やや存在を主張する程度ですが、
実際に着てみれば、その快適性に納得。

c0189724_1954421.jpg

バックポケットは標準的な3ポケットですが、
右ポケ外に、メタルジップ付きの小ポケットがあり、
絶対に落としてはならない鍵や携帯を仕舞えます。


また全体サラカラホットで構成されているモノの、
脇のみは少し薄めのライクラ素材になっており、
より本気で走り、より汗をかく人のニーズに応える、と。




次は、完全ブランニューモデル。
c0189724_18534555.jpg

JC-O006 防風パーカ 
 ¥18,900



上記したモノと同じく、吸汗速乾裏起毛生地ながら、
袖と裾をリブ付きとした、アウター使いに便利な一枚。

リブ好きならグッと来るのでは?
自分もリブ好きなんで、買っちゃいましたね~。

c0189724_1854569.jpg

勿論、裏起毛なのでヌクヌクですし、
フロントジップがフードの天辺までありますの、
好きな様に好きなだけ開け閉めして、
風の出入りを調整出来ます。


前出2モデルがスポーティーなモデルなのに対し、
此方は少しリラックスライドって向きが強いですね。

c0189724_18541679.jpg
とは言え、脇ポケットに加え、
左右貫通式のバックポケットも装備していますので、
日帰りツーリングなどには、丁度良いかと。


サイズもややリラックスめなので、
ベースレイヤーの上に直接は勿論、
防風性もある程度確保されているので、
下にもう一枚着てアウター、としても使え、
今から春全般へと、オールシーズンで使えます。

パッと羽織れるサイクリングジャケットを探している方は是非に。


「もう少し寒さが緩まん事には、よう走らんわい」という人には、
c0189724_1855050.jpg
・CCP JC-O005 斜めジップジャージ
 ¥18,900



ジッパが斜め&襟の高いこのジャージ。
サイクルジャージでありながら、
サイクルジャージっぽくない、という、
チョッと異色なCCPらしい一着。

前面はストレッチの防風素材で、
風も通し難く、裏は起毛なので暖か。

c0189724_18551452.jpg
此方も全面的にウォームキャッチ素材で、
吸汗速乾&ストレッチ&防風というのは、
書くまでもなく共通なのですが。

背面中央部のみが、少し薄手のストレッチ素材。
よく見たら色味が違いまっしゃろ?


今は寒さの絶頂期なのでピンと来ないのですが、
汗をかいていた季節の事を思い返すと・・・、
そう、背中中央部は汗が溜まるんですよね~。

c0189724_18552732.jpg
つまりこの一枚は、肌寒い時期でも、
汗をガンガンかくほど走る人前提で出来ている、と。


バックポケットは小さめながらチャンと装備。
なので、パンク修理道具や小銭入れ位は、
邪魔にならない位置に仕舞える訳です。

因みにこの画像ではヤクルト1パックをイン。

と、こんな吸汗速乾保温ウェア達。
長々とした説明を最後まで読んで頂き有難う御座いました!



そんなお礼を籠めて、セールを一枚。
c0189724_18554095.jpg

・Nari/furi NF-047
 2レイヤーマウンテンパーカー



生地に特殊フィルムをラミネート加工した、
防水・防風のマウンテンパーカ。

メッシュ裏地で汗をかいてもサラ感を保ち、
街着は勿論、アウトドアまで一枚で渡り歩けます。

c0189724_18555192.jpg

背面には大きめのバックポケットを装備し、
全面と共通の止水ジッパが良い感じです。


格好良い、機能も良い、そんなこのマンパ、
黒/赤のLサイズ一枚のみの在庫と言う事で、
¥39,900 → 特価 → ¥27,000!


一枚だけなので、気になる人は是非に是非に~。
by kaleidocycle | 2012-01-22 20:45 | 商品
<< ボッカ再確認。 晴漕雨読。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧