井戸端監視カメラ



ripa。

空井戸サイクル、当然自転車屋ですので自転車だけ売ってりゃ良いモノの、
手の広げられる範囲は、自転車に纏わる色々も見て頂ける様、
何だかんだとちょっかいを出して居ります。

そんな色々の中でもバッグについては、昔からやっている「剛」のResistantに対して、
此処二年は「柔」のコゼバッグという対比で、色々な方の心の隙間を埋めて来ました。

が、昨年末を区切りに、コゼバッグが作業場を自宅に移した事で、
空井戸サイクルで「柔」なニュアンスのバッグを見て頂く事が出来なくなっちまった・・・。
c0189724_2141822.jpg

しかし、捨てる神あらば拾う神あり。

チョイと見て頂きたいのが此方のバッグripa
首都に住まう青年が独りで作っています。


ブランドを立ち上げて丁度一年程度という事で、
知名度としてはそれ程では無い(失礼!)と思いますが、
デザイン・ディティールを見れば、
「あぁ、素人じゃねぇなぁ」と一目瞭然かと。

ベルトをそのままボディに沿わしたデザインが特徴的な、このトート型肩掛け(メッセンジャー?)、
スウェーデン語で「森」を意味するgron(グローン)という名前です。
c0189724_2125449.jpgc0189724_213683.jpg


「ボディにベルトを縫い付けているだけ」と見えない事も無いのですが、
さりげなく外ポケットを装備しており、出し入れの多い定期・タスポ等を入れるのに便利。
容量的には文庫本などがスポっと収まる感じですね。

持ち手の縫い合わせ部分は、ループを形成しており、
カラビナなどを通してキーホルダーを着けて良し、クリップタイプのライトを着けて良し
画像の様に、ロックをそのままつけても良しと、完成度の高い便利さ加減。
c0189724_2133097.jpg

一転、内部に目をやると~。

内部の身側に内ポケットを装備。
極小ポケットx1、小ポケットx1、
そしてファスナ付の中ポケットx1と、
作り手の優しさを感じる気遣い加減。


また、担いだ際にバッグの形状が崩れない様に、
二箇所のスナップで口を少し狭められるギミックも。

c0189724_2134380.jpg
ベルト末端部やスナップボタンの補強として、
そして同時にデザイン上のアクセントとして、
レザーが多用されており、
「実用と脱力」が程よくマッチングしていますね~。

バックルはド直球でメッセンジャーバッグ的ですが、
ベルトをボディ共布としている辺りは、
良い意味で「柔」というに相応しいなぁ、と。

この充実の完成度をして、価格は¥18,900!
勿論カラーオーダー可能!

そんな「ripa」のバッグ。
弊店で販売する事になるかどうかは、現在の所楽観的希望を持ちながらも未定です。
ただ、若い青年がこんなバッグを作っているという事実を知って頂き、
そして手に取って確認頂ける様、サンプルと生地見本を用意致しました!
c0189724_2135958.jpg


フレームにしてもパーツにしてもバッグにしてもウェアにしても、
作り手本人が完全に責任を負う、という前提で作られるモノには好感を持ちます。

故に、皆さんにも知って頂きたい!という事で用意したripaさんのバッグサンプル。
暫くは店頭に展示しておりますので、もし興味が少しでも湧いたなら是非チェック願います!
by kaleidocycle | 2012-01-09 23:59 | 商品
<< みんぱく2012。 初荷。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧