井戸端監視カメラ



冬季活動休止。

c0189724_17514196.jpg
朝7時半。
寒い、と言えば寒いものの、
それ程でも、と思えば思えない事も無い。

最近の朝は、その様な感じ。
つまり着るモン着てれば、まだまだ走れる。


しかし。
いつもは綺麗に見える大比叡も、
雪の雲で上半分が隠れておるではないか。

c0189724_1752484.jpg

見える範囲でそれならば、
更に向こうは当然銀世界

路肩の気温計はもう8時になろうってのに-2℃。
数字を見なけりゃそれ程でも無いんだけれど。


路面は雪塗れで、スパーンと走れる訳も無く、
夏に同じ場所を通った時の半分か、
それ以下の速度でユルリラ~♪

c0189724_17522893.jpg
ピシッと締まった冷たい空気の中を、
十分な保温態勢を整えて走る、
この時の感覚がとても好きです。

安心感と言うか防御感と言うか、
「大丈夫な態勢で外を眺める」そんなのが。

この時期の京北・美山は、
自転車・ハイカー・オートバイは勿論、
自動車さえもが圧倒的に少なくなり、
周りを眺めながらのんびりと走るのに実によろしい。

本日で空井戸サイクル年内営業最終日と言う事で、
特に何をするでもなくボケ~っとしておりますが、
ふと、この一年を振り返ってみて「一番良かった事は何だろう?」と考えてみた所、
その答は、おそらく「パイク號」を作れた事、その事だと思います。
c0189724_17525669.jpg


春の渡河も、夏の琵琶湖岸も、秋のダートも、冬の雪道も、
最高の快適性と、それなりのペースで、しかも安全に走り抜けられる。
しかも、必要な荷物を美しくシステマチックに搭載出来てしまうというオマケ付き。
全天候・全方位型万能バイクとして、個人的にはとても満足する仕上がりになりました。

この人の居ない時期の田舎道を一人で満喫できるという贅沢。
それが贅沢か如何かは人次第なのですが、
少なくとも自分にとってはとても価値がある事であり、
その相棒としてのパイク號はとても満点。
c0189724_1753821.jpg

そんな兎年の足跡。


振り返るのは数年後・数十年後で良いとして、
残る冬休みの年内、そして年明けと、
暇にまかせてユラユラ走って満喫したいと思います。
(今年はウインターシューズも導入したでな!)


皆様、今年一年お付き合い頂き有難う御座いました。
来年も、地味&程々をテーマに、ボツラボツラと参りましょう!
by kaleidocycle | 2011-12-28 18:56 | 無駄
<< 2012年1月の営業予定。 巻き上げ。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧