井戸端監視カメラ



瞳孔開く動向。

「リンゴを齧ると歯茎から血が出ませんか?」では無いですが。
c0189724_17531124.jpg

深酒をした翌朝、妙に早く目が覚めませんか?
自分は酒量に比例して、早く目が覚めます。


昨晩も、頂き物の一升瓶を膝に抱え、
チュルチュルウフウフと堪能した結果、
起床午前5時半、グッドモーニング。

外は真っ暗なので、明るくなるのを待って出動。

c0189724_175444100.jpg
特にする事は無い反面、時間は無闇にあるので、
取り合えず花背峠上って、大見尾根へ行こう!

と、勇んで上っている内に、
何となく、花背の旧峠へ進路を変更。


一歩一歩確かめながら急な沢を渡り、そして思う。
ここで滑り落ちたら・・・
明日位には誰が発見してくれるのやろうか?
と。

c0189724_1755493.jpg

自転車担いで尾根まで出ると、
ススキが一面に。

麓はまだまだ秋、という感じでは無いものの、
山の上は、さすがに秋めいて来ておりますな。


ってもう11月やのにね、遅いね。

c0189724_17551953.jpg

登山道から、旧本道に出て、
汗を垂らしながら、旧花背峠に到着。


昔はここをバスが走っていたそうですが、
自分如きの年齢では、在りし日を知る訳も無く。

物音一つしない峠の、木々の間の向こうから、
砂利を軋ませバスが来ぬか、と暫し妄想。

c0189724_17553749.jpg
まぁしかし、バスが走っていたというだけあって、
非常に走り易い道が伸びて行く、
しかも光もよく入るので、とても壮快。


MTBで走って楽しいのはシングルトラック。
ロードで走って楽しいのは舗装路。
でも、自分が一番走りたいのはこんな砂利道。

こういう道を楽しくトレッキングする為に、
EBSパイクは作られておるのですよ。

c0189724_17554855.jpg
流石に今ではバスは通れぬであろうダートを、
ズズイ、ズズイと進んで行き、
やがて芹生峠向こうの芹生集落へ。


この時点で、まだ店を開けるまで3時間はある。
477号線に出て、京北をグルッと回るのも良いけど、
単車のセッティングが中途半端なのが気になる・・・。

よし!一度家に帰って、単車のキャブをさわろう!
ビシっと決めて、懸案事項を一つ減らしたる!

早起きは三文の得ですよ、実に。



と、己の日記なぞどうでも良いですな。
チョロチョロしているだけではなく、日々仕事もしております。
最近作ってるのはこんな感じ。
c0189724_17562282.jpg

ボッカ号、遂に第一ロットが!

コレは店頭展示用のSサイズ。
コレでトップ540のシート480、
適合身長約160cmって所ですか。

ちょいスローピングですが、
悪くない立ち姿でしょう?うむり。

c0189724_17563453.jpg
お次はパイク號を、
身長170cmの方の為に、
ダウンサイジングした、
言うなれば「小パイク」

ホイルは650Bでタイヤは42B。
42B、素晴らしい乗り味だ・・・。

こんなタイヤを用意してくれている、
アイズバイシクルさんに大感謝。

c0189724_17564698.jpg
EBSの定番ロードフレーム、
フロートロード。

押し出しの強いフレーム。
だからこそ、他の構成は地味に、
スタンダードに。

奇抜な見た目とは裏腹に、
ロングライドにおいては、
至極真っ当&極上。

c0189724_17565887.jpg
最後はSunrise-cycles

構成部品はとても真っ当。
組んだ立ち姿もとても真っ当。


しかし。
実際に目の当たりにしてみると、
造形の細かさに圧倒されるかも。

ポケットに入れたボンナイフの様に危なっかしいこのロードは既に納品済み。
しかし、次はSunrise流の「シクロクロス」をお願いしておりますので、
Sunrise-Cycles第二段をお楽しみに~!


そして明日5日(土)は定休日です。
by kaleidocycle | 2011-11-04 20:26 | 駄情報
<< EBS ボッカ完成車の色々。 髭グローブ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧