井戸端監視カメラ



秋雨Go。

c0189724_1915825.jpg
雨です。


自転車屋というモノは、
雨の日は暇と相場は決まっており、
例に漏れず弊店も非常に暇です。


まぁ暇なのは嫌いでは無いので、
良い雨とも言えるのですが。

さてさて、そんな雨に当て込んで、雨の日にグーな商品でも御紹介させて頂きましょう!
まずは此方「セラアナトミカ」のサドル。
c0189724_195323.jpg
・Selle An-tomica Titanico-W
 ¥19,950


馴染めば極上の乗り心地を与えてくれる、
でも馴染むまでは、板の上に座る様な修行を要する。
そんな革サドルの中にあって、馴染ませた乗り心地を、
「新品からいきなり!」享受させてくれる、
それがこの穴あき革サドル、セラアナトミカ・タイタニコ。

一度でも使った事がある人なら、
そのウソみたいな話が本当だと知っているはず。

そんなタイタニコ、本日3つ入荷です。
黒とマホガニーはカッパー(銅)リベットですが、ブラウンは渋さを狙って敢えて黒リベットで。

手前の少し赤味掛かった茶色がマホガニーで、
左奥の沈んだ感じの茶色がブラウン。現物並べな分からん様な差ですな。
c0189724_1951317.jpg
で、このナンチャラカンチャラの革サドル、
いきなり乗り心地が良い、という、
非常にアメリカンなニーズに応える製品であると同時に、
「雨に強い」という、対候性も備えているのですね。


革サドルといえば、オイルでケアしてやって、
徐々に伸ばしつつ育てるのが常識ですが、
このタイタニコWは、オイル厳禁、
「防水性落ちるから要らん事すな!」
というメンテフリー革サドルなのです。

革サドルというのは「渋い!」「馴染めば最高!」という高評価がある反面、
重量やポジション取りの自由度でネガ評価もあります。
が、このセラアナトミカ タイタニコは、そこを抉り込む様な名品でした。


「でした」と言うのは、知ってる人は知っていると思いますが、
今年の春、ボスが亡くなられたという事で・・・今後、どうなるか分からない状況です。
「あぁ、アレ本当に良かったよな~」なんて遠い目をするにはまだ早い!
いつまでも、あると思うな親とタイタニコ!



次。ウィンドブレーカなど如何でしょう?
c0189724_1952612.jpg

・CCP JC-O002 パッカブルウインドブレーカ
 ¥16,800



日が暮れてから撮影したので分かり難いですが、
青味掛かった緑です。

防水加工されたウインドブレーカで、
今朝の様に「降るか?降らぬか?」という時、
着てて安心、嗚呼良かった、そういうアレです。

c0189724_1954476.jpg

サイクリング用ですから、
当然後ろ身ごろが長く、
そしてバックポケットも装備されております。


また、今までのCCPウインドブレーカよりも、
タイトなパターンとなっており、
バタつきを防ぐ、よりスポーティーな一枚ですね。

c0189724_1955573.jpg
雨の影響を受け難い、腕の下周りから脇にかけて、
ストレッチメッシュ素材とする事により、
運動への追従性を上げ、蒸れへの対策としています。

雨具じゃ無い、って事です。
雨天下で最良なのは雨具ですし、
防風・防寒を考えるだけなら、ウインドブレーカです。

その中間というか、天気が見通せない、
そんなタイミングで一番光るのは、
きっと、こういったモノなのではないでしょうかね?

c0189724_196723.jpg

ついでに言えば、コイツはパッカブルですので、
バックポケットにクシャクシャクシャと織り込めば、
グローブと同じ程度のサイズになります。

なので、朝出る時には肌寒いから羽織って、
走って暑くなったら、脱いでジャージのポケットに、
そして小雨でもパラっと来たら着て、引き続き走る。

そういう事ですね。

スポーツ用品には珍しい、原色でもなければ派手でもない、
街着としても自然に着れる、そんな色の防水ウインドブレーカ、良かないでしょうかね?


本日は以上。明日は土曜ですが定休日です。
by kaleidocycle | 2011-10-14 20:07 | 商品
<< フロントシングルえとせとら。 振り向けばそこにポンコツ。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧