井戸端監視カメラ



展示会シーズン終了。

c0189724_185614.jpg

永い様で短かった、今年の展示会シーズン。
弊店が行く分は、昨日をもって終了で御座います。


まぁそんな順番最後の展示会、
見るだけ見て来ました、こんなのを・・・。

な・なんじゃこのチェーンステーは!
更にクランクもオフセットしてるやないかい!

c0189724_1856221.jpg
そう、これがSurlyが投入する噂の超ファットバイク、
「Moonlander ムーンランダー」なのですよ。

ファットバイクと言えば、パグスレーですが、
このムーンランダーは、更に過激に太る太る。

ムーンランダーとパグスレー、リムとタイヤの比較はこんな感じ。
アホほど太いパグスレーのタイヤが細く見える・・・事は無く、どちらも太い。
強いて言うなら、パグスレーを2.1幅とすれば、ムーンランダーは2.3幅みたいなノリかな、と。
c0189724_18564894.jpgc0189724_1857127.jpg



リム・タイヤを初めとして、ハブ・クランクも専用が必要と、少々頭がこんがらがります。
ザックリ纏めるなら、コレは自転車ではなく、ムーンランダーという乗り物である、そういう事で。
しかしファットバイク、降雪地帯でのレースなども盛んに行われ、盛り上がっている様ですね~。
知らぬ間に1ジャンルとして定着しつつある様なので、
その内、北海道とかで普通に走っている、なんて事になるんでしょうかね?


c0189724_18574459.jpg
と、そんな無茶な奴は置いといて次。

此方もSurlyからのブランニューマシン。
「Ogre オーガ」


29er版トロルという立ち位置だそうです。
シングル&マルチスピード対応で、
トレーラヒッチマウントを装備した、
トロル同様のエンドを採用してはいるものの、
基本的には空手モンキーと同じですな。

c0189724_1858580.jpg
「それって・・空手とどう違うの?」って話なんですが、
個人的な意見ではほぼ同じです。

空手は今後ディスク専用になり、
スポーツ方向へシフトするという事で、
今までの空手の位置にオーガが来る、と。

何でも出来る!マルチに使える!と言うのは大歓迎なのですが、
空手と比べ、エンドがゴツくなった事で重量的にも嵩んで来ますので、
強いハートを持った人でなければ、チョッと文句が出てきてしまいそうな匂いが・・・。

食パンを、焼かずに&何も塗らずに只管喰える、そんなタフガイ向きですね。


c0189724_18582234.jpg
同じくSurlyで言えば、
「Pacer ペーサー」が色チェンジ。

青メタリックなのですが、
以前の1x1のグリーンメタリックの色の青版、
そんな感じで捉えて頂ければOKです。
暗いトーンの、良い色で御座います。

ペーサーは大々的な支持は得られないモノの、
「コレが丁度良い!」という層に、
細々と支えられているのが、素敵な一台ですな。




そんなSurlyの攻勢も良いのですが、
2012年モデルでもっと注目して欲しい&すべきなのがSalsa
製品の完成度・グラフィック・価格、何れも相当高いレベルに来てしまいました。
c0189724_1859430.jpg

例えばこれは29erの定番スチールバイク、
エルマリアッチなので・す・が。

アレだコレだと改良を加え¥228,900!
まずこの時点で安い!


エンドはスインガーエンドなので、
シングルもマルチも両方行ける上、
シングルで乗ってても、ホイルをクイックで着脱可能。

c0189724_18591593.jpg
ヘッドはセミインテグラルで、
OSコラムフォークは勿論、
テーパードフォークへのアップデートも可能。

コンポはSramの2x10、
ブレーキはAvidのエリクサー。


コレだけ詰め込んでて、これだけ魅力的なのに、
価格が20万少し超える程度とは・・・、
凄いと思いますわ、実際。

他にもチタンのフルラインナップ化を推し進めたり、
BB30やテーパードコラム、142mmエンドへの対応モデルを増やしたりと、
思いっきり攻めに出て来ているSalsa、2012は凄い事になりますぞ!


あと、自転車本体では無いのですが「こっれええなぁ!」と思ったのが。
c0189724_1902572.jpg

「EVOC イーボック」バイクトラベルバッグ

自転車を電車や飛行機に載せる際に使う、
輪行箱、というか自転車ケースなのですが、
通常の袋状のモノでも無ければ、
頑丈な箱状のハードケースでもない、
中途半端なセミハードケース。

ご覧の通り、ローラーも付いているので、
移動もコロコロと非常に楽チン。

c0189724_1904046.jpg
中を開けるとこんな感じで、
ホイルをはじめ、フォークの位置や、
ハンドルの位置など、全て仕切られているので、
ポンポンと詰め込めば、セット完了、と。

此方、価格が¥50,400です。
「高っけっ!」と思った方、まだ続きはあるんですよ・・・。

このケースの凄い所は「折り畳める」という事!
底面積x30cmx30cmと、細長くなる折り畳めるので、
輪行した先の駅や空港の貸しロッカーに、
スキーケース対応のモノがあれば、預けれてしまう。

頑張ればバックパックに括りつけ、何とか宿まで持って行く事も不可能ではない。
フレーム入りのセミハードケースなので、高速バスの荷物として積むのも安心&簡単ですし、
航空手荷物として預ける際も、輪行袋の様に傷だらけになる事も無ければ、
ハードケースの様に、空港から如何動いて良いか分からなくなる、何て事も無し!

勿論、国内の宅急便で送るのにも、充分安心なレベルでしょうから、
遠方の人に自転車を譲る際に、このケースに入れて送って、
ケースだけ畳んで送り返してもらう、とかこれ一つでできる事の幅がかなり広がるはず。

なので、自分は一つ買います。
輪行が大嫌いな自分ですが、何だか・・・光が見えて来た!
こういうのは、ホント良いプロダクツだと思いますわ、ウンウン。
by kaleidocycle | 2011-10-06 20:26 | 商品
<< コゼパニアSL。 ズボン丸見え特捜部。(計7種) >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧