井戸端監視カメラ



ライダー オン ザ ストーム。


本日のBGM。クリック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0189724_21324223.jpg
アパレル業界でいうなら古着かビンテージ、
そんなやれた魅力の借家の我が家、
昨晩の大風で揺れまくりでした。


が、朝になると風の威力もトーンダウンし、
自転車乗っても「非常に乗り難い」、
というレベルに落ち着きましたので・・・。


「突撃!試乗車テストライド」と相成った本日。

c0189724_21373962.jpg
お題は此方!


空井戸本年度テーマである、
ATB巻き返し作戦において、
フラッグシップであるパイクに続く第二段、
それがこの「ボッカ」


先日までは「スタッフ26」と仮称していたヤツです。

c0189724_21375379.jpg
このボッカ。
内容について説明させて頂きたいのですが、
言いたい事が多過ぎて、何から始めて良いのやら。

まず言える事は、
「在りそうで無い、そんなスーパーニュートラル」
というのが目指す所といえば目指す所です。

いきなりですが、価格はフレーム&フォークで¥7万前後
油圧ディスクのデオーレで完車で¥14万~15万!

勿論国産(京都伏見区)で!だすえ。

c0189724_21581448.jpg

車体の内容だけ言うと。
ディスク専用のフルリジッドで、
26インチ対応のホリゾンタルフレーム

という事になります。


似た様な形状のフレームとしては、
パッと思いつくのはSurlyのLHT位か。

が、このサイドビューを見て、何か全く似て非なるモノである、
と、そう観じられたアナタは鋭い、そして変質的ですね。
c0189724_22235052.jpg
とまぁそういったジオメトリについては、
また後ほど、という事で、
まずはボッカの特徴から見て行きましょう。

ブレーキはディスクブレーキ専用である訳ですが。

通常、ディスクブレーキの車体に、
キャリアをつけるとなると、足とキャリバが干渉して、
上手く装着できず、出来ても何だか不細工・・・。

そんな事も屡ですが、こうすればホラ!バッチリング。

c0189724_2224310.jpg

ディスクブレーキですから、
今日の様な悪天候下でも、
常に一定した制動力を示してくれます。

リムを削る音に気を遣うなんて事もありません。
レバーを握れば、握っただけリニアに止まってくれます。


湿ったトレールでも、確実に地面を掴める、
この感覚は、実に現代のモノだなぁ、と感無量。

c0189724_2224131.jpg
そんな制動力。
街中で活かすだけならスリックで良いのですが、
ダートで活かすとなると、
やはり太目のブロックを履ける自由は欲しいです。

なので、試乗車はディスク専用の幅広リムに、
2.2のブロックタイヤを入れてもクリアランスはOK。

という事は?
そう、650Bでも呑み込める、という事。
オンロード主体で行くなら、
ディスク&650Bは是非試してみたいですな。

c0189724_22242491.jpg
チェーンステーブリッジ兼スタンド台座を標準装備。

スタンドって、日本の自転車業界では扱いが悪くて、
「スタンドなんてだっせ~ぜ!」
みたいなノリを感じる事がたまにありますが、
ロードやMTBみたいに、走行に特化したモノ別として、
日常使う自転車であるならば、
スタンドはあって困るものではない。

あとは如何に綺麗に、如何に便利に装着出来るか?
そこをクリアすればウェルカム、でしょがい?

そんな机上の空論を重ねに重ねたボッカ。乗った感じは如何だったのか?
c0189724_22473288.jpg
峠までの市街地や、峠の登りしな、
この強風の中でも、ビシビシ前に進む安定性は、
通常のスポーツバイク(MTBやロード)にはない世界。

それでいて、LHTには無い踏み感というモノがあり、
漕げば漕ぐほど、レスポンスを返してくれる。

ダートへ入っても、太いタイヤと、
しなやかなフレームで快適至極。

限界性能はそりゃ高くは無いけれど、
飛ばさなければ、フルサスのMTBともランデブー可能。

c0189724_22574228.jpg
極論を言えば「コレで良いじゃないか」の世界。
そして「何でこれが無いのか?」という事でも。

その答えは「世間はそんなもの望まない」
という事なのかもしれません。

しかし、自分はこういう車両が、
あって欲しいしあるべきだとも思います。

それはエゴイズム(=自分と他者の見分けが付かない)
であるのかもと想像しますが、
あえてこのボッカで、それを問いたいと思うのです。

c0189724_22581132.jpg
自分はに、他人と競う為の自転車は必要ありません。
他人を蹴落とす事に快感を感じる事は、
選ばれた人のみに許される変態行為だと思うから。


自分は、己の分を超えた高尚な自転車は要りません。
自分自身、高が知れた人間ですから。


かと言って、何でも良いとは思いません。
自分の力を受けて動く自転車だから。

c0189724_2259944.jpg

自分の入力に、ハッキリ応えてくれる事は、
やはり気持ちの良いモノですから、
そうあって欲しいですし、
その点までアヤフヤに出来る程、
人間が練れている訳ではありません。


そんな愛着点も込みで「自分の道具として欲しい」
そう思って頂けるであろう、このボッカ。

これを認め、手にする事は、現状への色々な否定をはらむかもしれませんが、
まぁそんな大人の事情など如何でも良いではないですか!

明日以降は、店頭にMサイズの試乗車を常駐させておきますので、
胡散臭いと感じられて、そして確認する元気のある方は、
暇つぶしがてら、是非乗ってみて下さい!
by kaleidocycle | 2011-09-03 23:31 | 商品
<< 9月の営業予定。 直撃では流石にねぇ。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧