井戸端監視カメラ



カフェ・レーサー。

ダブルレバー、好きですか?
c0189724_1749152.jpg
現在、ロードの主流はデュアルコントロール。
「扱い易さ」「絶対性能」を両立させる、
それはそれは素晴らしい存在であります。


が、他人様と追いかけっこをしない限り、
必須という程でも無かったりしますし、
自動車の世界でも、ATやセレスピードではなく、
「クラッチ踏みたい!シフトノブコキコキさせたい!」
という人が存在するのと同じで、
ダブルレバー独特の魅力、なんてのがあったりします。

かく言う自分も、自動車乗るなら必ずマニュアルを選びたい、
そう願う人間であると同時に、ダブルレバー支持者であります。
そんなダブルレバーの(今更って感じもありますが・・・)美点を改めて並べてみましょ~。


「ハンドルが握り易くなる」
 コレはデュアルコントロールに比べ、ブラケットが圧倒的に小さいので、
 上ハン・下ハン、どこでも自由自在に握れます。
「軽い」「安い」
 まぁ見ての通り、単純なモノなので、ええ。
「メンテナンスがし易い」
 これも見ての通りって感じですね。
「見た目の流麗さが・・・ごにょごにょごにょ」
 コレに関しては個人的志向の世界なので何とも言えませんが、
 ある一定の魅力がある事は確かでしょう。
「ダブルレバーを上手く駆動させる事が出来たという達成感」
 この辺はもう自慰行為の世界でありますが、前後同時に作動させて、
 狙い通りにスパン!スパン!と入った時の気持ち良さってのは、ねぇ。


と、そんなこんなで、ロードバイクと言う高効率な移動道具を楽しむに際し、
変速レバーの差というのはスパイスみたいなモンで、
楽しさの本質はまた別の所にあるに決まっている!
と、よく分かりもせんくせに妄言を吐いてみる自分の中で、
「コレで如何なもんかいね?」と作ってみたサンプル車両が此方。
c0189724_17483430.jpg

EBSの工房から引っ張り出して来た、初期型ニードルロードフレーム最後の一本。
スタンダード中のスタンダードと言える、ホリゾンタルロードフレームを、
現代的なパーツ一式で組み上げた「乗る本人が満足する為の一台」
c0189724_17485585.jpg
クランク・ブレーキ・メカは必要充分な105
ホイルは軽快感と充分な耐久性のWH-R6700
その他の部分も日東・IRCで構成と抜かり無し。

どれだけの手応えをもって良しとするか?
それは人其々だと思いますが、
個人的には「バッチリ」な感じを目指した一台。

勿論、もっと良いパーツ構成は幾らでもあるでしょう。
が、大事なのはバランス。
此処までやって・・・¥23万!如何でしょう!

ロードレーサーではなくロードバイク、強いて言えばカフェレーサー的。
下ハン握ってグリグリ漕いで貰えば、上りも下りもクルージングも気持ち良くて、
巻きステーや先曲げフォークのアール、塗り分けの細かさなど、見て楽しめる一面もありと、
盛り沢山の此方、「トップ555mm x シートc-c540」で実測8.8kg
身長175~180cmくらいで趣味の合う方に是非!



非主流的ロードスポーツと言えば。
c0189724_1749275.jpg
こんなのの受注を始めました。

弊店店頭にて配布している、
京都発、頭抱え系自転車フリーペーパー、
「ビチクレティスモ・デ・ラ・アナルキア」
のジャージが発売されるとの事。


格好良いとか、格好悪いとかを越えて、
もう訳の分からん事になっていますね・・・。


受注期間は今月末(7月31日)までで、それ以降は一切お受けできません、との事。
クラブカット及びレースカットの、S、Mのサイズ確認用サンプルを御用意しておりますので、
ご興味を持たれた方は店頭へお越し下さいませ。

本日は以上!
by kaleidocycle | 2011-07-22 20:29 | 商品
<< 順番交代。 無抵抗。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧