井戸端監視カメラ



目が覚めて。

c0189724_15203392.jpg

「夏バテなのか?」
と勘繰る程に暑くダルい。


気合を入れれば何とかなるだろう、
そんな想いのもと、
暑さで目が覚めた午前五時半、
涼しいパラダイスを目指し出発。

c0189724_15204784.jpg
何せ時間があるもんで、
目的地も行程も考えず、ただ気温の低い方へ。


かつて有料だった途中トンネルも、
今や無料、そしてゲートが無くなり、
途中越から下る勢いそのままに、
ズド~ンと抜けれてとても快適。

時間が時間だけに、
自動車は殆ど居ないのもまたよし。

c0189724_1521840.jpg

トンネルを抜けたら、
そのまま葛川沿いにシューンと転がる。

平地なれど、緩い下り基調なので、
幾らでも何処までも漕げそうな気になる。

世の中が全てこんな土地なら、
どれほど楽だろうか・・・。
って有り得ない事考えても意味は無い。

c0189724_15223366.jpg
梅ノ木から久多へ入る。

この辺りまで来るとかなり涼しい。
そして周りの風景が、何やら牧歌的な感じに。

積み上げられた墓石の残骸や、
4台も纏めて放置されている、
ロータリーコスモ等という、
ヘンテコなモノを見ながら、田舎道を行く。

これぞサイクリン。

c0189724_1701319.jpg

そのまま能見峠へ。


一番好きな峠、能見峠。
その程良い距離、程よい勾配、
そして僅かな異境感覚。

人によっては、
「変化が無く面白くない」
というかもしれないけれど。


考えずに没頭するミニマリズム。

ええやないかい。

c0189724_15251688.jpg

峠に到り、我に返り、
そして禁煙中のタバコが欲しくなる。

嗚呼・・・此処で一服出来たなら・・・。



ってNo!邪念よ去れ!

c0189724_15294396.jpg

止まるからイカン、止まるから。

走り続けてれば邪念など雲散霧消よ。



スコーーン。


c0189724_15295655.jpg
「広河原~花脊」間というのは、
勾配も殆ど無ければ交通量もゼロに等しく、
風景も、それに馴染む人家も美しく、
サイクリングに非常に適した道である、うむ。


そんな此処は京都市左京区。
つまり我が家と同じ区域に属する。

そんな事実を忘れそうになりながら、
松上げの広場を横目に、花脊峠へ向かう。

c0189724_15301156.jpg
松上げって、知ってますか?
「玉いれ」x「松明」ってな感じで、
松明をブンブン放り投げる、
この辺り独特の神事です。

夜空を無数の火が舞う豪快さと同時に、
見世物としての装飾の薄さもまた魅力。

地元婦人会による夜店の、
ローカル過ぎる品揃えは一見の価値有り。

c0189724_15302680.jpg
そんなこんなで今朝の行程約80km。

勿論気持ち良い。
と同時にしんどい、実にしんどい。

しかし、一定の体力、自転車を維持する資力、
自由に使える時間、走って気分の良い環境、
それ等が揃っている事は、幸いな事であります。


実に実に幸いであるのです。
by kaleidocycle | 2011-07-14 19:37 | 無駄
<< 暫く振りの臨時休業。 ゾンビ。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧