井戸端監視カメラ



夏サイクリングシャツ二点。

c0189724_167999.jpg
朝6時。
あまりの暑さに目が覚めまして。

「何事か?」と窓の開き具合を確認しに行くも、
すでに全開。

つまり。
蒸し暑いにも程がある日であるという事。

寝てられるかバッキャロー!バッキャラマ~オ!
と、自走式扇風機こと自転車に跨り、
外へ涼みに。

c0189724_167211.jpg

北へ向かえば涼しかろう、
そう思い走る、そして汗を垂れ流す、
この矛盾の悲しさよ。


しかし、さすがに山の斜面から流れ出て来る、
冷気ポイントを通過する時だけは、
百貨店のクーラーなみに涼しく、壮快。


MTBは楽しいモンですが、この時期の山の中の担ぎと言いうのはもはや修行。
汗流れ続け、虫がまとわりつき、木の枝・葉っぱで擦れた擦り傷に汗が染みて、ええ。


という事で、個人的には夏はロードの季節です。
「貴様はロードという感じではない。」と言われる事がよくあります。
的確な指摘だとは思うものの、現実ロードも乗る訳でそこは放って頂くとして。
c0189724_1674396.jpg
自分の「ロード」はロードバイクであり、
「ロードレーサー」ではありません。
言葉遊びの誤魔化しの様でもありますが、
要するにサイクリングの為の自転車です。

機能を煮詰めに煮詰めたレーシングバイク、
それも勿論素晴らしいモノですが、
自分には分不相応としか・・・ねぇ。

大事な事は、踏む感覚・ハンドルを引く感覚・スポーツ感・そして路面を滑空する感覚。
これぞサイクリン!サイクリン! (サイクリングという言葉が好きです。反対に好きでない言葉はユル乗り。)


ポタリング以上、レーシング以下、そんなサイクリンなロードを好む方。
「何来て走ろ?」と悩みませんか?
派手なジャージはやり過ぎ感あるし、かと言ってTシャツってのも違うし・・・。
って、別に何着て走っても、自分がよければそれで良いのですが、
例えばこんなの、というシャツ二点、暇潰しにご覧下さい。
c0189724_168552.jpg

まず、サイクリングポロシャツ。

・CCP ST-O004 サイクリングポロ
 ¥12,600



東レのサラカラ素材で作った、
サイクリング用のポロシャツです。

c0189724_1682545.jpg

吸汗速乾は当然として、
サラッとした肌触りが気持ちよく、
勿論、フルストレッチと、完璧素材。


素材自体がメッシュ構造なので、
風を多く通し、走行風が抜けて行く感じは、
実に壮快、快適。

左右のサイドバックポケットに加え、左肩にもポケットを装備しており、
小銭入れは肩に、パンクキットは左後に、そして右後にはデジカメを、
そんな感じで、快適サイクリン対応なのです。
c0189724_1683772.jpgc0189724_1684683.jpg


また、今回のこのポロに関しては、
今までのCCP製品よりも、一回り大きめでユッタリ着れますので、
「サイクリングウェア独特のタイトな感じでは、自分の正体があらわになるので辛い。」
そんな方には、ストライクとなるかもしれません。



もういっちょ!
c0189724_169391.jpg
前述のポロと比べると、
自転車ムード増したのか減ったのか・・・?

・CCP ST-O007 フロントポケットシャツ
 ¥13,650



クラシカルなフロントポケットジャージを、
現代風にアレンジしたシャツですね。

c0189724_1691795.jpg

吸汗速乾・・・ってもう書き飽きましたが、
自転車用で汗も吸わず、乾きも遅い様では、
それはもはや自転車用では無いですから、
当然の事として吸汗速乾。


こちらもまた、サラカラ素材を使用しており、
グイングイン伸びて寝間着にも使えそうな程に楽。

c0189724_1693414.jpg

フロントポケットの裏布はメッシュで、
通気性と便利性を両立。


バックポケットと違い、
本気で何でも詰め込むというのは無粋ですが、
バックポケットをあまり使わない、
サドルバッグ派の人には、
このフロントポケットシャツ、
中々良い雰囲気出してると思いませんか?


そんなこんなでサイクリンシャツ、他にも何やかんやと御用意しております。
楽しく毎日サイクリングする為の一枚、探して居られますなら是非。
c0189724_1694742.jpg
by kaleidocycle | 2011-06-23 17:24 | 商品
<< セリョー。 真・パイク號、発進準備。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧