井戸端監視カメラ



暗がりで口開け呆けてむにゃむにゃむ~。

弊店、京都は「堀川下立売」という場所に御座います。

「ん?何か他でも聞いた様な見た様な・・・。」
と思われる方、居られるとすれば、
もしかして、映画「堀川中立売」では無いでしょうか?

堀川中立売というと、弊店から信号で二本上の場所であり、
そこを冠した映画があると言うのは、何やら嬉しい様であり、
また全くの勘違いの様であり、むにゃらむにゃら~。



で、そんな映画「堀川中立売」を撮った柴田剛監督の特集という事で、
3月初~中にかけて、京都シネマにて「柴田剛監督特集」というイベントが開催されます。

一部で問題になった「おそいひと」も見れますが、それより何より!
柴田監督の初長編作である「NN-891102」が、劇場で見れるのです。

(あらすじ)
1945年8月9日11時02分、長崎。
5歳の少年、零一は父の録音機で投下された原爆の爆風・爆音を、
防空壕の中で偶然録音してしまう。造船所にいた父は原爆で死亡。
零一は母と2人で戦後を生きることとなった。
その後零一は父の遺品となった録音機で、
あらゆる「物音(ノイズ)」を録音し再生することに時間を費やす。
それは零一にとって、原爆の「音」を体験してしまたっという、
トラウマの自己治療であったが、徐々にそれは快楽へと転化されていくのであった。


と、こんな映画。
DVDで見るのも良いですが、「映画館で見るべき映画」というのもやはりあり、
今回のNN-891102は、正にそれ。
なので、今回の様に映画館で見れるのはとても嬉しいチャンスです。

NN-891102は、3月5日と9日の夜19時20分から。
暇、かつ興味のある方は、5日の夜に現場でお会いしましょう。
さよなら、さよなら、さよなら~。
by kaleidocycle | 2011-02-27 18:27 | 駄情報
<< 春に向け。 3月の営業予定。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧