井戸端監視カメラ



Viva!雪中行軍。

c0189724_15234898.jpg
昨日の天気は雪。
そして最高気温1℃の最低気温-3℃。
山向こうであれば、更に気温も低かったろう。

で、あるとするなら・・・。
あのデカい池も氷が張ってるのでは!


という事で、今朝は最近頭から離れない、
「氷の上に乗る」という目標を実現すべく、
例の山向こうのデカい池へレッツゴー。

c0189724_15242073.jpg

山向こうと言わず、行きの峠から、
いや、家の前から全て真っ白。

しかし、こんな状況だからこそ、
荒地を走る為の自転車たるMTBが光る訳で、
もう、何が何やら無闇に楽し。

雪に体を埋めながら駆けずり、
フンフン走っぞ、ワンワンワンワン!

c0189724_15245450.jpg
雪、と言えばやや腰が引けるけど、
新雪のふかふかパウダーは普通に走れる、
車の通った後の圧雪路面も普通に走れる、
多少凍結していても、気を抜かなければ走れる。


しかし、雪が融ける気温以下の場所の、
ワサワサなった雪は、異様に滑る、
と言うか、真っ直ぐ走る事もままならぬ。

神経集中、ゴー真っ直ぐ。

c0189724_15252997.jpg
峠付近からの、いつも走るルートは、
雪が深過ぎアプローチ断念。

ワサワサ雪の道を下り、
遠回りの川沿いのルートで向かう。


京都市と、京北・美山を結ぶメインルート、
周山街道は完全に雪。

ロードはおろか、シクロも厳しい。
いや、MTBも普通に厳しい路面状況。

c0189724_1526579.jpg





雪の杉阪集落はええね。

c0189724_15271092.jpg
川沿いのアプローチまで来た所で、
当然の事に気付く。

そう、先程断念したルートよりも、
更に雪が深く、そして踏み跡も全く無い。

新雪の上をギュムギュム言わせて漕ぎ、
時に押し、また乗り、また押し・・・、
やがて黙々と押す押す押忍。

そして。

c0189724_15274957.jpg

雪ドーナツ。


京都においては、こんな大雪の日なんてのは、
例年、年に1~2日。今年でも多分一週間~10日位。

でも、こんな日が毎日続く環境であれば、
パグスレー、欲しくなるんやろうね。

c0189724_15282580.jpg

いつも、家からデカい池まで約1時間。
本日は、その約3倍の時間を要しても、
まだ辿り着けず。


しかし!先は見えた!
あと少し!モサモサモサモサ・・・。

着いた~! c0189724_1534633.jpg


c0189724_1535564.jpg
氷は張っていた。確かに張っていた。
しかし・・・。

雪が水面に乗っているだけで、
それが薄っすら氷の体をなしてるだけ。


京都としては記録的な寒さのはずだけど、
それでもこんなモンか。

「池の上に立つ」という目標は、
やはり京都では無理なのか?


いや!まだもっと寒い日が来るはずだ!もっと寒くなれい!
by kaleidocycle | 2011-01-17 18:26 | 無駄
<< 暇潰し連載 「中村春吉 自転車... 暇潰し連載 「中村春吉 自転車... >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧