井戸端監視カメラ



自転車は危ない、と言う事実確認。

c0189724_1834576.jpg
昨日はエライ風と雨でしたな。

普段は平和極まりない市内でも、
看板が落ちたりしていたそうな。


あの風と雨の具合であったなら、
きっと山も、木が倒れたり崩れたりしているのでは。

という事で、チェックチェック。

c0189724_187587.jpg
近頃、山を担ぎで上る事が嫌いではなくなり、
何なら結構好きになって来ました。

気候が良い時期だというのもあるでしょうし、
やはり最近の相棒であるメロウさんが、
軽い&担ぎ易いと言う事もあるのでしょう。
行かなくて良い所まで無意味に登っていってしまいます。


岩場も似合うぜ、メロウさん

ハイキングの時期も一段落したのか、それとも昨日があんな天気だったからなのか、
もしくはハイキング人気薄めの場所を狙うからなのか、誰とも会う事無く上り、下る。
c0189724_18271864.jpg

山を独り占め、とても気分が良いわさ。


トレールは落ち葉がワサワサ積り、
その葉の下には何があるのか?
全く分かりませんが、
広葉は意外と滑らないので、実に楽しい。

反面、の落ち葉は意外なまでに滑る
何やろ?コロみたいな効果でもあるんかね?

c0189724_18275636.jpg
なんて考えながら、ピューっと楽しく下っていると、
狭い崖沿いのシングルトラックで、
「あ。何か危ないっぽいぞ、俺。」
と思ったが後か先か、次の瞬間には、
メロウさんを後ろに残し、自分は空中に居り、
「あ、落ちてもうた・・・
 頭から落ちんのかな?足からかな?」

と考えながら腐葉土の崖に着地し、滑り落ちる。


はい、実に久し振りに、如何し様も無いコケ方をしました。

c0189724_182944.jpg
落ちた所が斜面だったり、
落ち葉が盛大に積もっていた事もあり、
擦り傷も大して無く、ボワンと無事。

しかし、落ちた場所に倒木があり、
どうやらその倒木の上に、腿から落ちた様で、
両腿を強打&悶絶

空を仰ぎながら大悶絶です。
いや~、痛かった。
こんなに痛い思いをしたのは一体いつ振りでしょう。

その後、あまりの痛さに手足をブルブルと、
本当にブルブルと震わせながら、後期高齢者にも大いに劣る速度で、
何とか山から下りて来ましたが、ペダルを漕ぐ事が全然出来ない。

まぁそれでも、時間と共にエンヤコラと自宅に辿り着けたのですが、
もしあそこで骨でも折っていたら、頭でも強打していたなら・・・、
野犬や熊に美味しく召し上がって、骨になっていたという最悪も有り得た。

改めて、山で遊ぶ時は調子に乗らず、安全に、より安全に、
己に分相応なイモ臭い感じで遊ぼう、
そう改めて感じた今朝なので御座いました。
by kaleidocycle | 2010-12-04 18:58 | 無駄
<< Surly SteamRoll... 暇潰し連載 「中村春吉 自転車... >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧