井戸端監視カメラ



Ragley Carnegie'sBerってどない?

日々酷使しているカメラの調子が悪化。
完全にダメになる前に、Newカメラを買いました。
カメラに対して求める事は「写る・防水・以上」という、熱い想いの欠片も無い人間です。

c0189724_16265022.jpg
で、まぁ何でも良いだろうと、
以前使っていた「オプティオW60」なるモノから、
手袋つけたままでも起動しやすそう」という理由で、
今回、「SONY TX5」なるモノに替えたのですが、
使い始めてすぐに驚愕。「・・・ま、まったく違う!」


起動・フォーカス共にストレスフリー。
今までは写せなかった暗い場所でも好き放題撮れる。
「あの苦労は何だったのだ・・」と頭抱える程に快適。

ただ、100点満点高性能!という訳でもなく、以前の方が優れていた点も、やはり有ったり。
今まで出来なかった事が出来る様になった反面、出来た事が出来なかったりで一喜一憂です。


そんな今日は此奴のインプレです。
Ragley Carnegie'sBer」(ラグリー カーネギーズバー)
チョッと変なハンドルですが、何が良くて何がマズいのか?
気になっている人への、何かの参考になればとカマす訳です。
c0189724_16302522.jpg

着けて握って、まず思うのは「結構幅広い」。
685mmと、チョッと広いめ位なのですが、
手前に25°もバックスイープしている為でしょうか、
数字よりも広く感じます。

広いめが好きな人はバッチリであり、
この広さこそが、このハンドルの美点なのですが、
「カットして狭めたろう!」と考えていると、
チョッと待った!がかかります。


というのも、グリップ・レバー類を着けるストレート部分の長さに然程余裕が無く、
またベント25°の為、ブレーキレバーを相対的に内側に放す方が自然な感じになる為。
個人的好みもありますが、切りしろは片方で1~2cmという所かもしれません。
c0189724_16415810.jpg
で、跨ってみると如何なのか?
まずベントバーと言う事もあり、
ハンドル位置は少し近く感じます。

一度前に出てから手前に戻って来る形状なので、
タイテックのJバー等とはまた違うのですが、
それでも、普通のライザーバーから替えると、
ステムを1~2cm伸ばした方が自然に感じるかも。

トップチューブ長めの自転車にはとてもグー。

そして「そりゃ!」と漕ぎ出したなら。
c0189724_16441458.jpg
。とにかく楽です。
平地で乗って楽、上りでグイグイ引いて楽、
とにかく、好きな人は好きな系統ですな。

そして柔らかい、無茶苦茶柔らかい。
リジッドや、ストローク短めフォークと合わせると、
地面を直接触っている様な愉快さ加減。

落ち葉の上を、グインと曲げる時も、
荷重掛け易く、ヒラヒラ行けっぜ。

反面、下りでグッと加重を掛けるシーンなどでは、ちと微妙

ベントが大きいので、ハンドルを左右共に斜めに押す形になり、
ドン!とハンドル突き上げられると、ベントの少ない普通のハンドルと比べ振られ易い
また、前述した柔らかさが、下りを飛ばすとなると「心許なさ」に変化。

幅広の割りに軽量で柔らかい造りという事で、ボカンとコケると、結構簡単に折れてしまうかもね。
まぁそう人には向かないって事だわさ。
c0189724_18175713.jpg
という訳でカーネギーズバー、纏めてしまうと、
・トレールでこそ気を吐く非レーシングハンドル。
・そして目を三角にして乗る人のモノでは無い。
・しかし、気に入ると目尻を垂らして乗ってしまう。
・マルチよりもシングルにより向く。

と言った感じでしょうか。

そこそこハードに乗りたい人は、カーボンではなく、
積極的にアルミを選ぶと良いと思います。
アルミの方が、上りで無理くり引いてもカッチリしてますし、
コケて折って悲しむ事も無かろうし、リーズナブルだしで。

そんなカーネギーズバー、人の好き好きですが、自分にとっては現在最好のハンドルです。
トロ~ンとトレールを楽しみたい人は、使って損は無い・・・かもね。

・Carnegie'sBerカーボン 1インチライズのみ
 黒・白・ロウ  ¥19,950(税込)
・Carnegie'sBerアルミ 1インチライズ・フラットの2パターン
 黒のみ     ¥7,350(税込)

by kaleidocycle | 2010-11-27 19:42 | 駄情報
<< 4℃。 プロムナード。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧