井戸端監視カメラ



自己消費。

c0189724_1932345.jpg
近所のオバチャンから、
「先日ムシゴムを分けてくれたお礼に」
と、ミカン貰いました。


ムシゴムって、金具無しのゴムだけなら、
一円単位のモノで、果てしなくタダに近いのですが、
そいつがミカンに姿を変え帰ってきた今日です。
むぅぅぅ、あのゴム如きがミカンに変わるとは・・面妖な。
しかし、何は無くともアリガタヤアリガタヤ~。

そう、贈り物とは意外性が有れば有るほど、
カウンターパンチ的な効果を生み、相手の膝をガクリと折るに至るかもしれません。

しかしというか何というか、プレゼントという言葉が最も使われるクリスマスを前に、
空井戸サイクル・・・出る幕がありません。
自転車屋なぞというのは、そもそも自己消費を基本においた品揃えなので、
プレゼントとして全方向的に使える様な気の利いたモノが、どうにも見当たらないのです。


自己消費、大いに結構。人の事など気にしてられるか!
c0189724_19203744.jpg
と言う訳で、自分用品。

さしあげて喜ばれるか否かは別として、
この靴下は凄く良いと思います。


空井戸サイクル的視点において、
最良の靴下であるDefeetウールソックスの、
更に分厚いバージョンである、
・Defeet WoolieBoolie ¥1,980

c0189724_1921246.jpg
触った感じは、チョッと分厚いな、位ですが、
内側はこんな感じで起毛しており、
コレからのシーズンにバッチリです。

勿論、手触り(というか足触り)も、
ウールソックスに負けず劣らず素晴らしい。

クリスマスプレゼントを入れるには向きませんが、
暑い時に涼しく、寒い時に暖かい、
そんな我が侭を叶えてくれますぞ。


此方は・・・欲しい人が居れば良いのですが。

京都の何処かにあるというアジトに潜み、自転車による革命を目論む団体が、
「ビチクレティスモ・デ・ラ・アナルキア」なる機関誌を発行しており、
日々細々とオルグかましております。
で、その機関誌の「号外」が出たのですが、紙では無く、Tシャツにプリントされた、と。
c0189724_19222381.jpg
・ビチクレTシャツ ¥3,000(御守り付き)

主筆が魂籠め、血をインクに書き上げた、
自転車業界の闇を切り裂く真実の叫びと、
絶対証拠たる決定的写真で構成された紙面は、
洗濯ついでに目を通した、我が家内も、
「・・・頭悪いんちゃうか?」と、称賛の嵐。

売り上げの100%は、
恵まれない活動家に渡りますので、
歳末助け合い的な感じと間違ってしまって下さい。

え~、空井戸サイクル、出せてこの程度です。
実に参った事です。
by kaleidocycle | 2010-11-24 23:59 | 商品
<< 平和的休日。 スーキースー。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧