井戸端監視カメラ



2011展示会 その4+α。

本日は神戸ポートアイランド内、ポートターミナルで展示会です。
c0189724_1838507.jpg
広い会場にもかかわらず、
人の数がそれほどでも無い。

何故か?その答は、
「今自分が居る中二階で、食べ物が供されており、
 皆、貪る様に喰っているから。」



そう、今日の展示会は飯が出る事で有名な展示会。
こういうオマケがあるから、展示会も悪かないのさ。
c0189724_18391373.jpg
勿論オマケだけでなく、
本命である2011モデルも興味深い。


特に、こんなシュウィンの3輪クルーザーとか、
そうそう現物見る機会がないモノがある訳でしてね。

カタログには写っていない箇所なんかを、
「ほっへぇ~」と口を開けながら、
チェックして楽しむのです。

c0189724_18393546.jpgコレは!トピークのトレーラー!

昨年「Jango」ブランドで出ていたモノを、
更にブラッシュアップして、
トピークから出すという事なのですが、
ボブトレーラーに足りない所を、
上手く補完して、大型防水バッグもついて、
それで¥49,350(税込)!

コイツァ・・・トレーラーユーザーが増えそうだぜ。
c0189724_18395510.jpg
展示物に気が済み、腹も満たされ会場を出ると、
やる気満々のサイクルツーリストがそこに。

このポートターミナルからは、
中国の上海と天津に向けてフェリーが出ているので、
彼等もこれから中国へ向かわれるのでしょう。

楽しんで来てね~、ってなモンで。

c0189724_1840178.jpg
神戸まで来て、展示会見て、
ハイそうですかと帰るのも芸が無い。
何せ貴重な休日な訳ですから。

だもんで、東向きに帰る事無く、
山へ向かって、有馬街道を北進。

洒落た街 神戸と言えども、
海沿いと山沿いでは随分雰囲気が違い、
山に近付けば、程良く鄙びた感じの所もあり。

c0189724_18403710.jpg
そんな神戸の北を抜け、
有馬・三田を越え、丹波篠山方面へ、
オートバイを走らす。

ツーリング仕様のMyとっつぁんバイク
展示会へは、雨が降らない限り、
だいたいコイツで向かいます。

日常でオートバイに跨る機会が少ない、
そんな自転車屋稼業でありますから、
ここぞとばかり、無駄に走り回るのですな。
c0189724_18405234.jpg
オートバイってのは、一度跨り走り始めると、
実は何もする事が無く、基本座っているだけ。

跨り、何もせず、ただ脳味噌だけが動いて、
普段考えない下らない様々を考え続け、
そして体は田舎道を坦々と行く。


丹波地方では、黒豆の収穫が始まっており、
この黒豆を入手するのが、今日の裏目的だったり。

そんな黒豆を手土産に、EBSの工房へ向かい、
長年の野望である、オリジナルMTBフレームの打ち合わせ。
c0189724_1841793.jpg
様々なMTBを乗ったり触ったり潰したりした中で、
ああじゃない、こうじゃない。」という、
勝手な想いが、心の底に沈殿して来ましたので、
ここ等で、その滓を形にしてみよう!
そんな、身の程知らずな想いがムクムクと。

商品!と言える程、数を作る訳ではありませんが、
一部の人にはとても良く、
また一部の人には如何しようも無く思われる、
そんな、ある意味面白い一台になると思います。

ダートをガツン!と攻め込む、と言う程熱くも無いけど、
かと言って、攻める事を諦めてのんびり走るだけ、と言う程日和れもしない。
そんな中途半端な、それでも「山を気持ち良く走りたい!」という気持ちを強く持つ人は、
今度の動向を見ていて下さい。

そのジレンマに対する、空井戸なりの出口、来月にお見せ出来るんじゃないかってね。
ドキワクですよ。
by kaleidocycle | 2010-10-06 21:54 | 駄情報
<< Dustee Martines。 テスト開始。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧