井戸端監視カメラ



北区独り旅。

c0189724_211621100.jpg
何故なのか?
せっかくの休みだと言うのに、
パラパラと小雨降り、
空気は妙に蒸し暑い。


「北へ向かえば涼しかろう。」
と言う単純至極な思考の下、
京都市北区の北の端へ。

c0189724_211740100.jpg



随分前から、橋が落ちたまま。

しかし、否、だからこそ、
ファイト一発越えて行く。


c0189724_21175882.jpg

道は当然ザクザクで、
最早、ジムニーでも通る事は叶わなそう。



隣の草むらでは、ウリボウがゴソゴソと。
コヤツ等も、真っ暗な夜なら、
この溝に嵌ったりするのだろうか。

c0189724_21194115.jpg
しかしまぁ、車が通れようが通れまいが、
天は我に完全なる移動道具を与え賜うた。

車が数年は通っていないと思われる道を、
歩くのと同じくらいの速度でMTBが行く。

歩くスピードなら、いっそ歩いて此処まで来い!
という話かもしれませんが、街から此処まで約25km、
歩いて来るのは・・・キツイなぁ。
だからやっぱり素敵さ、満点バイク。

c0189724_21203667.jpg
杉林の間を抜ける林道で、
山の天辺付近まで上ったら、
その先は雑木林のシングルトラック。

シングルトラックと言えば聞こえは良いが、
まぁただの登山道ですわな。

狭過ぎてハンドルがガシガシ引っ掛かったり、
下りからの上り返しがやたらと急だったり、
倒木が其処彼処に現れたりと、
決して快適なトレールライドではナッシング。
c0189724_2121741.jpg
けど、ビンディング嵌めたまま、
上れない上りを、無理矢理木を掴んで上ったり、
蜂の警戒音が聞こえる様な空耳に怯んだり、
落ち葉を潤滑材に崖をズリ落ちたりしながら、
山の中を進む事、その事自体が愉快な訳です。

ここに初めて来た時、このマホラ谷で迷い、
「こ、此処から出られへんのでっしゃろうか・・」
と、泣きそうになった事がありましたが、
そんな「苦味」も含めて、楽しいなぁ、なんて。

c0189724_21213728.jpg
ただ、林道に出た所に看板がたっており、
「行方不明者捜索願」なんて文言が見えました。

自分が探される方になるとマズイので、
山奥の方に行く際は、
昭文社の「山と高原地図」 & 方位磁石
を忘れずに持って、二人以上で入る方がベターですね。

しかし・・・山なんてのは、独りになれるから面白い、
とも言えるモンで、ムニャラムニャラ・・・。
まぁ好きな様にしましょう。
by kaleidocycle | 2010-09-21 23:05 | 無駄
<< Banshee Paradox。 忍者モノ色々。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧