井戸端監視カメラ



EBS スタッフ。

ついに世間はお盆に突入致しました。

この時期、心しておかなければならない事として、
・雑誌が合併号になる。
・公共交通が混む。
・皆、仕事が休み。

等が挙げられる訳ですが、中でも重要なのが3番目、「皆休み」という事。
自転車業界も例に漏れず、問屋・代理店が休みとなり、
暫くの間、部品などの供給が絶たれるのでございます。

で、お盆中も営業している自転車屋としては、
その間ゴソゴソする為に、暫く前から準備をしておったりするのですよ。



そのゴソゴソ一発目、形になったのが此方、
c0189724_14582184.jpg
何処から見たのか知ったのか、
チョコチョコ問い合わせを頂いております、
EBSの新型フレーム。

・EBS スタッフ


日本のパイプメーカー「カイセイ」のパイプを使い、
勿論、京都伏見で作り上げられた、
ブランニューな国産スタンダードフレーム。
そいつを、店頭で見て貰える一台を作らねば、
と動いた今回。
まぁ一言で言うと、前後共にキャリアダボ&フェンダーダボを完備した700cクロスバイク。
c0189724_15102013.jpg
で、今回組んだのはディスクブレーキ仕様。
キャリアと干渉しない様に、
キャリパはこんな感じの位置に。
ん~エロくて良いですね~。


何でわざわざ機械式ディスクなんだろか?
と疑問に思われたアナタは鋭い。
それはコストの事を考えなければならないから。

じゃ、何でそんなにコストが重要なのかというと、
このフレームの価格が・・・¥68,000(税込)だから。

どうです?この価格。もはや疑うしかないでしょう?台湾製じゃないか?と。

正真正銘、伏見でせっせと作っております。
他のEBSフレームと比べると、やはり作りこみの点で一歩届かぬのは当然ですが、
日本の技術者・製作者が、日本人を相手に真っ向から評価して貰える製品として、
かなり大胆な一手と言えると思います。


台湾製が悪い、等という事は一切有りません。
寧ろ、台湾製は非常に高品質で、人件費・部材代において、
圧倒的アドバンテージを持っています。

しかし「全ての製品が台湾製」と化しつつある現在、
日本製に残された道は、高級路線だけ、というのは寂しく、そして不安であるのです。c0189724_1523868.jpg

その状況を打開すべく、投入したスタッフ
欲しいだけパーツを投入して、
価格が上がってしまっては元も子も無い。


故に「どんな人がどんな風に乗るか?」
それを想像し、要・不要を考え、
街乗りで必要充分な機械式ディスクを採用し、
変速はリアのみの9速と、シンプルにしながらも、
チョッとした色気としてOn⋆Oneのメアリーバーや、
アルフィーネのクランクなどを突っ込んで、
空井戸なりのバランスをとってみたこの一台。

この展示車で、ズバリ¥15万です。
乗って楽しく、見て楽しい、そして勿論所有して嬉しい。
そんな一台になっていると思ってるのですが・・・如何でしょう!

c0189724_15524572.jpg
まぁ極論、道具なんてのは、
用を成せばそれで良い訳で
それが何処を如何通って手元に来ようと、
然程大事な事では無いかもしれません。

しかし、使い続けて行く多くの瞬間で、
心をこそばす様な快感というのは、
やはり有れば良い事ですし、
それがあるから使い続けて行き、
やがて行為の為の道具が、
道具あるが故の行為に転ずるなら、
それこそが「良い道具」と呼ばれるのかもしれません。

このポンコツライターの様に。







c0189724_2122918.jpg

先日組ませて頂いた、
お客さんの「EBS スタッフ」です。

良い道具になれ~、なれ~。


by kaleidocycle | 2010-08-12 16:07 | 商品
<< 神社。 盆など関係無く。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧