井戸端監視カメラ



新世紀29er。

29erという、MTBのジャンルが御座います。

29erの持つメリットとしては、
・転がり抵抗が少ないので、よく走る。
・障害物に対する進入角が浅いので、乗り越え性能が良い。
等など、とても素敵なモノであるのですが、
個人的にはやはり、26インチのフツ~のMTBが好みです。



何でだっつーと、メリットの裏には当然デメリットがあって、
例えば、自分の身長だと出せるポジション幅の事、
部品選択肢の事、重量の事、剛性の事など、
細々した問題が山積している訳ですが、
正直、メリット・デメリットを天秤に掛けると、
丁度吊り合う程度、どちらでもOKってな程度なのです。

で、その天秤を26インチにカタンと傾けるポイントは、
ズバリ「見た目のバランス」という、どうでも良い事だったりします。
c0189724_1848425.jpg

愛車です。普通です、非常に普通な感じのバランスです。
普通という事はニュートラルと言う事で良い事です。

自分で身長177cm、29erのメリットに魅力を感じはするものの、
メリットを最大限に享受出来る体格層には一歩及ばない、
という、とても保守的な感想を持っています。


しか~し・・・最近、とても気になる29erがあります。
それが此方!
c0189724_18482257.jpg

Banshee Paradox
29erの殆どは、その走破性を活かすべく、クロスカントリー系が多い現状ですが、
その中にあってこのパラドクスは「下り系29er」という珍しい存在です。

珍しいだけに、何かアンバランスな存在な様にも思えますが、
ダートのギャップをいなすラージホイールと、
長めのサスと、極端に短いリアセンターとの組み合わせを想像すると・・・。

下り系では上るのが辛い様なセクションもゴウンゴウンこなせ、
重力に背中押されるトレールでは、根っこもギャップもポンポン行けそう。
「パラドクス=逆説」という名前の通り、相当に面白そうです。



こんな変なジオメトリの、こんな造作の凝った、
こんなイカすグラフィックのフレームが・・・¥66,000と消費税!
非常~に買う価値のある一本だと思いませんか?
見積もり叩いてみたら、ビシビシ走れる裏山Spl仕様で¥24万切れそうな感じ。

こんな29er、増えるとオモロくなるのになぁ・・・。
by kaleidocycle | 2010-07-27 20:08 | 駄情報
<< イロモノdkg。 浜始め。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧