井戸端監視カメラ



無抵抗。

c0189724_2054938.jpg


暫く雨が続く様です。

まぁだから如何だって話ですが。

c0189724_20111172.jpg


家を出ると、大比叡は雲を被っていました。

大気中の湿気の多さ加減が、
目で確認出来る程の煙り加減。

c0189724_20114622.jpg


「晴耕雨読」という言葉もある通り、
雨の日には、雨の日にすべき事があるはず。

しかし、家の中は蒸し暑く、快適とは言えない。
だから外へ出て・・・何処へ行こうか?

c0189724_2012191.jpg

京都市内の端の端へ。

と言え、家から30分圏内。
それでも、アスファルトは林道になり、
やがて、草の中に消えてしまう。


草の中を突っ切る時、葉に溜まった水滴が、
顔と無く体と無く、ビッシャリと。

c0189724_20121417.jpg


地面はヌタって、走って面白い訳では無い。

そう、走って面白いのでは無く、
走れ無さそうな所を、走れる事、その事自体が面白い。

移動の喜びですな。

c0189724_20122890.jpgこんな所、普段であれば、
靴が濡れるだの、虫が多いだのと、
色々不満の出てしまう場所であります。

しかし、幸いにして本日はであり、
家を出る時の格好からして、濡れる為の、
SPDサンダル・海パン風サイクルパンツ・
ランニングシャツと、準備万端。

そして濡れるべき体も何もかもが、
既に濡れ放題濡れており、
今更気にする事など何も有りはしない。
c0189724_20172894.jpg


実に幸せな事であります。


濡れるしかない時期だから、
濡れる事を考えてもはじまらない。
つまり、心配事が一つ減った訳です。

「ズッと梅雨が続けば良いのに。」
なんて思う訳も有りませんが、梅雨は梅雨、定食屋の季節メニューみたいなモンで、
抵抗せず身を任せれば、悪いモンでは無いでしょうから、
暫く続くであろう梅雨を、諦め半分で過ごそうと思います。
by kaleidocycle | 2010-06-15 22:24 | 無駄
<< ヒーリング。 念押し。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧