井戸端監視カメラ



峰床山 午後。

c0189724_23294479.jpg
峰床山を中心とした山村都市交流の森内は、
軽トラが走れる林道が縦横無尽に走っており、
ダートを漕ぎ続ける事が出来てアリガタイ。

が、勾配が増すと、未舗装ではマズイのか、
一部はコンクリート張りになっていたりも。


水浴びでサッパリしたのも束の間、
アッと言う間にシャツがズクズク。

c0189724_233027.jpg
時に急坂でヒーハー言わされながらも、
迷路の様に張り巡らされた林道を、
エッサカホイサカ上りまくる。

道の脇で、ガサッ!と音がするのは、
大抵カナヘビ。
分かっちゃいるけど、ガサッ!の度にドキッ!

もう何度目か分からないドキッ!の瞬間、
目の前に現れたのはハツカネズミ
歩かず走らず、ピョンピョン飛んで移動。

c0189724_23302059.jpg
百井の奥 尾越から伸びる久多尾越線に合流し、
八丁平へは向かわず、そのまま峰床山を目指す。

この辺は少しガレている所もあり、
勢いよく踏むとズルズル滑る。

しかし意外というか何というか、
こういう所はMTBの太いタイヤよりも、
クロスバイクの35cの方が、
刺さり込んで滑らない、なんて事があり、
(インナーx鼻歌=グリグリ上る)の公式が成立。

c0189724_23303758.jpg
この辺まで来ると、体も疲れているはず。
けれど、頭と体の配線が外れはじめ、
疲れているのか何なのか分からないまま、
ドンドン漕げてしまうのでドンドン漕ぐ。

スーパーマリオ状態やね。

で、スーパーのまま峰床山頂上点の下に到着。
ただ、今日はダートを走る事が目的なので、
頂上には上らず、久多に向けて、
鹿を蹴散らしながらダートを一気に下る。

c0189724_23305273.jpg
下る下る下る下る、延々とダートを下る。
只管下り、只管立ちっ放しは漕ぐより辛い。
ふくらはぎがもうパンパン。

ディスクブレーキのお陰で腕が上がらない、
ってのは時代の進化やね、実に。


下りきって、久多集落に辿り着いた頃には、
スーパーな時間は終わって居り、
そこにはただの抜け殻の様な自分の体が。

c0189724_2331699.jpg楽しい、夢の様なダートの時間は終わりを告げ、
あとは、ボロクズの様な重いだけの体を、
ジリジリと京都へ近付けるという作業をこなす。


朝起きてから、口にしたもの、
バナナ一本、チョコバー一本、水、以上。

「腹に蓄えた油で乗り切れるわ!」
等と甘く考え動き始めた一日の終わりは、
何度も、何十度も通った事のある道を、
気付けば何故か反対方向に走るという奇行で〆られた。

自分は大丈夫と思っても、あんまり大丈夫でない事もある。
そんな当然の事を、今更ながら実感した、六月初めであります。

皆さん、補給はしましょうね。


終劇。
by kaleidocycle | 2010-06-05 23:59 | 無駄
<< 次のワーク。 峰床山 午前。 >>


空井戸サイクル
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧