井戸端監視カメラ



クロップド:リターン。

c0189724_18295254.jpg
好天続きの昨今。


山の落ち葉もパサパサに乾き、砕け、
まるで砂の様でございます。

ここに雨が降って、湿り、微生物が喰い、
やがて腐葉土になるのでしょうが、
その「やがて」が待てないカタツムリには、
堪ったモンやないですな。

カタツムリの気持ちを知る、暑がりの皆さんは、
もう服を着ている時期では無い!」なんて思っているのかもしれない。

さりとて、裸で生活できる程、自由な国ではない、この日本。
その想いと現実を埋めるのは、今年も「履いて楽、漕いで楽」なアイツ。
そう、生まれ変わったNari/furiドライクロップドパンツ。  ¥15,750(税込)
c0189724_19343122.jpg
このドライクロップド、昨年のモノと比べ、
少し変更が有り、違う製品となっております。

左のグレーが2010、右の黒が2009。

ウエストが細く変更されているのが、
見てとれますね。

自分の様な体型の人間には、旧型のリラックスムードは有難かったのですが、
ベルトをしなければ絶対にズレるという声に応え、変更した模様。
サイズ感自体も少し変わっている様なので、
「昨年に引き続き、新型も!」なんて人は、サイズをもう一度チェックする必要があるかも。
重ねてみると、レングスにも変更が。少し長めに仕上がっている様ですね。

c0189724_2055303.jpg
旧型の、ある意味スポーツ感を含んだ、
パサっとした質感のタフな生地は、
新型で、より薄くサラッとした生地に。

この感じを如何伝えるか・・・誤解を恐れず言うなら、
ん~、学校の制服の夏ズボン、近い。
要するに、小奇麗さが増したって事。

走れるくせに、見た目地味で、
何気に小奇麗ってのがこのクロップドのミソなので、
コレは正常進化と言って良いかもしれない。

ロングライドに出ても、擦れも、突っ張りもせず、自然に漕ぎ続けられる。
夜洗えば朝に乾く速乾性で、毎日洗える。毎日履いても、地味に洒落てる。
このドライクロップド、一度履きなれると、秋が来るまで他のパンツが履けなくなる。
そんな恐れがある程に自由で快適。
c0189724_20555722.jpg
そこに、より洒落感強めた新型か?
生地の芯の強さで毎日ガシガシ履く旧型か?

個人的には、旧型の方が好みだったかな、と。
お洒落屋さんではなく、自転車屋なんでね。

今なら、少~しだけですが、
旧型¥14,700(税込)も各色あり。
旧型が気に行って履いている人は是非!
見比べ、履き比べも出来る良いタイミングです。
c0189724_20561749.jpg何だかんだと言いながら、
常に20種類以上の「スポーツ用では無い」
自転車用パンツを用意しております。

何れ劣らぬ趣向を凝らした、
「漕ぐ事、漕ぐ生活」を助けるパンツ達。

漕ぐだけならレーパンで良い。
でもそうじゃない、その「でも」は一体?

答がこの中にあるかもしれません。
いや、きっとあると願い、また買い集めてしまうのです。

あと・・・来月6月・・・スゴイの来ます。来る予定です。ワクワクです。
by kaleidocycle | 2010-05-19 00:12 | 商品
<< 何処を通っても一歩。 ザ・カリー。 >>


空井戸サイクル
カテゴリ
以前の記事
空井戸サイクル
(カライドサイクル)

〒602-8044
京都市上京区堀川下立売
東入ル東橋詰町167-2

℡ 075-755-6627

kaleidocycle.jp
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧